1本の花~冬~

                


                
                
         note:生命はつながっているんだなと感じる1本の中に秘められたバトン。



しばらく水替えを忘れていた紫陽花。花はすっかりドライになっていたので、もう水は

いいかな、とビンの中から出してみると足もとから根っこが。よくよく見てみると

茎の半分は乾き、下半分には次の春への芽が。外の紫陽花の姿がそのままに手の中に

現れてハッとしました。土いじりから花が好きになったからか、草花を見たときに太陽に

向かって茎を伸ばす姿と土の中でぐんぐん根を張っている姿がおなじように見えてきます。

土の中はどうなっているんだろう・・見えている花より見えない暗く冷たい土の中に思いを

馳せます。花を強いと感じるのは、見えないところでしっかりとどっしりと根を張って

いるから。私が花をより好きになったのは、どんな場所でも根をはろうとする姿を知ったから。

私が好きな人は太陽に向かって茎を伸ばし花を咲かせようとすることより、根を伸ばすことに

一生懸命な人。私自身もそうありたいと思います。







| 未分類 | 19:07 │Comment- | Trackback-│編集

| main |

*tunagu*~花の会~

守谷市でちいさな花の会をやっています。  一輪の花からいろんなことにつながりますように。

*tunagu*花の会について&日程        *ちいさな会の様子はこちらです*       お問い合わせはこちら またはhanatunagu@gmail.comまで。