漆継ぎ

                   

                  
              note:「できたー。」まではあともう少し。コツコツ。コツコツ。


先日、漆継ぎ教室が終わりました。ひと通りの流れを知り、あとは家でまた続きをしています。

思っていたよりずっと地道な作業のくりかえしで、思っていたよりとっても時間がかかること。

それは作業をしている時間ではなくて、待つ時間。次に進むのは漆が乾いてから。

温度や湿度、季節。自然の流れにまかせるので3日のこともあれば、1週間のことも。

待つ時間は、今の時間の流れの感覚と少し違っていて、いろんな気持ちもゆるやかに。

はじめの頃に思っていた「早く直したい。」という気持ちはなくなって、また使えるまで

じっくりゆっくりお付き合いをしているそんな時間になっていました。

家でも時間を見つけてはほんの少しずつ。

ずっとやってみたいことだったことは、ずっと続けていくことに変わっています。




                               kintugi-3.jpg    
                         漆継ぎをした後、お化粧で金をふんわりとまきました。
漆のままにしようかな、スズにしようかな。器に合わせて考えるのは最後のお楽しみ。どれもかわいくて迷います。





私が通っていたのはつくばのシンゴスターでの漆継ぎ教室。漆作家の櫛谷明日香さんに教えていただきました。
先生のほわんとした雰囲気もとっても心地よく、さらに教室のあとシンゴスターさんやご一緒させていただいた
みなさんとお話ししたり、素敵なものがたくさんでお買い物したくなってしまう誘惑(笑)。
毎回、本当に楽しみで素敵な教室でしたー。ありがとうございました。
  





| 手しごと | 23:50 │Comment- | Trackback-│編集

| main |

*tunagu*~花の会~

守谷市でちいさな花の会をやっています。  一輪の花からいろんなことにつながりますように。

*tunagu*花の会について&日程        *ちいさな会の様子はこちらです*       お問い合わせはこちら またはhanatunagu@gmail.comまで。