カリン

                

                
        note:完熟したツヤツヤのカリン。部屋があまずっぱい香りでいっぱいです。


幼い頃、「のどがいたーい。」と言うと母がだしてくれるのはカリンのお手製シロップで

父は葛根湯、おじいちゃんは苦い粉がいっぱいついた龍角散のど飴でした。

この季節になると、その3つの匂いを思い出して「カゼひかないようにしよう。」と気をつけます。


                 karin2.jpg
            


私が作るのははちみつ漬けとジャム。種にも喉に効くエキスがたくさん入っているのでそのまま

まるごと使います。飲めるようになるまで数ヶ月。ひっくり返したり、振ったり。

台所に立って「できたかなー。」とフリフリしながら待つ、時間がおいしくしてくれるもの。

この時間がいちばん好きで、季節ごとのビンが増えていきます。




| おいしいもの | 18:05 │Comment- | Trackback-│編集

| main |

*tunagu*~花の会~

守谷市でちいさな花の会をやっています。  一輪の花からいろんなことにつながりますように。

*tunagu*花の会について&日程        *ちいさな会の様子はこちらです*       お問い合わせはこちら またはhanatunagu@gmail.comまで。