冬のはじまり







            
                  note:親指の先ほどの老爺柿。






二十四節気では小雪に入り、その暦のとおり北風が木々の葉を落としています。

今日はあちらこちらで落ち葉掃き。色づいた銀杏の木も見上げていたのが

日に日に足もとに。

ここ何回かまだ真っ暗ななか市場へ向かう道を息子と。

春夏秋冬。。。早朝のいろんな季節のなかで心にとめていたいつか彼にみせたい

と思っていた景色。

それは遠くの特別な場所ではなく、生活の、暮らしのすぐそばにあるところ。

お互い言葉にはしなかったけれど、息子の目にはどんなふうに映っただろう。






2015-kuumasimotuki8.jpg

私のもうひとりの息子、くうま。みなさま、ご心配、お心遣いありがとうございます。
ずっと抱っこでお散歩だったのが少しずつ歩けるようになりました。
ここ数日は距離は短いけれど、抱っこすることなく自力で。
ゆっくり、ゆっくり。端から見たらおじいちゃん犬とおばちゃんのお散歩だろうなあ(笑)
獣医さんにはもうそういう年なのでまたなにかのきっかけで今回みたいなこともあるよ、
と言われていますが、もうあのまま歩けなくなってしまう覚悟もしていたので
今はふたりで(ひとりといっぴき)歩けることがとてもうれしいです。
かさかさ、かさかさ。。。わざと落ち葉の上を選んで歩くくうまも
今年の冬のはじまりを楽しんでいます。


「お医者さんがぐるぐる、ぐるぐるグルコサミン♪をくれたよ。これが美味しくて毎日の楽しみ。」
                                      by くうま











| 日々 | 17:53 │Comment- | Trackback-│編集

| main |

*tunagu*~花の会~

守谷市でちいさな花の会をやっています。  一輪の花からいろんなことにつながりますように。

*tunagu*花の会について&日程        *ちいさな会の様子はこちらです*       お問い合わせはこちら またはhanatunagu@gmail.comまで。