宝篋山へ







            
        note:風に揺れるノアザミに絡もうとする蔓。輪投げみたい。






梅雨の晴れ間の山登り。典子さんとの約束の日の天気予報はこの日だけ晴れマーク。

おにぎりとお水とキャラメルをしのばせたリュックサックを背負って、里山をゆっくり

出発しました。

前日の雨で足もとは少しぬかるんでいたけれど、風は心地よく、ずっと鳥のさえずりが

聞こえてとても気持ちのいい日。

6月の山登りなのでちいさな滝が続くコースを選んで、疲れたら休んでまた歩いて、、、

のんびり山の時間を堪能してきました。






2015-houkyouzan-1.jpg

遠くから見たら紫陽花かと思ったシモツケ。








                       2015-hukyousan2.jpg

                        しっとりと水を含んだナルコユリ。
                    葉に隠れて揺れるつぼみが幻想的でとてもきれいでした。





      

       やっぱり自然の中で咲く草花はいいなあ。











2015-houkyousan443.jpg 2015-houkyousann112.jpg


山頂で食べるおにぎり。典子さんのお父さんの庭で実ったビワ。
ふたりとも偶然にも白むすびに梅干しだったけれど、それが最高においしくて。
このおにぎりが食べたくて、山登りをするのかも、と思ったりして。

山の上でのおしゃべりは楽しくて、いつもよりさらに(笑)気持ちはぱかんと開いて。





実家のそばにある、よく登っていた山とどこか似ている宝篋山。
あの頃みたいに、体と心の呼吸を合わせて気持ちを整える場所を見つけられたような
梅雨の晴れ間の日。









| 日々 | 20:24 │Comment- | Trackback-│編集

| main |

*tunagu*~花の会~

守谷市でちいさな花の会をやっています。  一輪の花からいろんなことにつながりますように。

*tunagu*花の会について&日程        *ちいさな会の様子はこちらです*       お問い合わせはこちら またはhanatunagu@gmail.comまで。