立夏








        
      note:整理した庭の木々や草花をそのまま庭でいけて部屋のなかへ。






ゴールデンウィーク中は空いた時間を見つけては庭の整理、部屋の整理、心の整理。

木々も物も人も、心地よいように整えて風通しよく。

私にとっての心地よさは、特別なことを、日を、待つことではなく日々の小さな幸せの

積み重ねなのだとあらためて思う。

この道具を使うとごはん作りがより楽しい、とか、ちょっと目をやったときに見える

ちいさな人形だとか、こぼれ種でいつのまにか咲いていた草花たちなどなど。

くすぐられるようなちょっとした幸せな気持ちは数えだしたらきりがない。

ものをたくさん持つ、いうことではなくて、暮らしのなかの「好き」はたくさんあって

いいのだなあ。






2015-may-hibi6.jpg

息子のお弁当もあたたかくなって冬のほかほかランチジャーからお弁当箱に。
お弁当ひとつでも、ランチジャーならこれにしよう、曲げわっぱならこうしようって考える
それもまた季節ごとの楽しみ。
もちろん「今日は学食で食べてー!」という日もあるけれど、それはそれで「今日なに食べた?」と
聞くのが楽しかったり。





                               2015-may-hibi2.jpg

                            そんな毎日のお弁当づくりも最後の年かな。









| 日々 | 21:35 │Comment- | Trackback-│編集

| main |

*tunagu*~花の会~

守谷市でちいさな花の会をやっています。  一輪の花からいろんなことにつながりますように。

*tunagu*花の会について&日程        *ちいさな会の様子はこちらです*       お問い合わせはこちら またはhanatunagu@gmail.comまで。