季節の慣わしを楽しむ会〜端午の節句〜









      
         note:男の子がいなくとも日本の文化を楽しんでいけたら。








昨年からsalon de bilanのさとみさんと始めた季節の慣わしを楽しむ会。

端午の節句の会だけお日にちの都合で開催できずにいましたが2年越しで。

会を重ねるごとに私自身も、季節の習わしとは本当にその季節に寄り添っていて

今のお節句はひな祭りだから桃を、端午の節句だから菖蒲を、という感覚ですが

始まりは逆で、その季節にそれがあったから、そんな風だったことを強く感じるように。

この会の日の4月21日はまだ菖蒲の葉を手に入れることは難しく、ならばあるもので、と

さとみさんの庭から違う葉を拝借。

そんなふうにその時々の季節に委ねて、楽しんでいければいいと思うのです。






2019-tangonosextuku2.jpg

実を結ぶように、とこの季節の初物のびわを。
菖蒲の葉はより香りの強い乾燥させたものを。
和紙でみんなで折った鯉のぼりと一緒に。








                      2019-tangonosextuku5.jpg

                       和菓子作りは柏もち2種類と草もちを。
                 普段は買ってしまうものを作れるって本当に楽しいのです。











2019-tangonosextuku3.jpg

         いつもワクワク!さとみさんのお弁当。












        2019-tangonosextuku4.jpg 2019-tangonosextuku6.jpg

              旬のもの。節句にいただくご飯もやっぱりその時にあるもの。
              自然に逆らわず寄り添って、体もちゃんとそれを欲していて。
          今の私たちよりずっとずっとシンプルでずっとずっと豊かだったのかもしれません。










2年にわたってご一緒してくださったさとみさん、
いつも楽しみに参加してくださった皆さま、本当にありがとうございました。











| *tunagu* | 23:18 │Comment- | Trackback-│編集

*tunagu*春の枝の会









         
              note:やわらかな光と春の枝。






4月の花の会。

毎日の通勤途中の桜の木は緑が目立ち始め、今年の桜の花の季節は終わりだなあ

と思っていたところに那須から届いたピンク色した桜たち。

もう一度、春の訪れを感じるようにピンクのグラデーションに心弾み、軽く。

赤ちゃんみたいな新芽に生命の尊さを感じながら伸びやかに。







2019-harunoedanokai4.jpg

  キレイだなあ、ただただそう思うだけ。










              2019-harunoedanokai2.jpg

                    カーテン越しの花もそれはそれは素敵で。







2019-harunoedanokai3.jpg

始まったばかりの新しい生活に向かって、、、春です。











           2019-harunoedanokai5.jpg 2019-harunoedanokai6.jpg

          久しぶりの花の会ごはん。ことらも新タマネギに新じゃがに嬉しい季節。











2019-harunoedanokai7.jpg

見つけてきてくださったアケビのひと枝。くるんと丸めて。












| *tunagu* | 20:57 │Comment- | Trackback-│編集

| main |

*tunagu*~花の会~

守谷市でちいさな花の会をやっています。  一輪の花からいろんなことにつながりますように。

*tunagu*花の会について&日程        *ちいさな会の様子はこちらです*       お問い合わせはこちら またはhanatunagu@gmail.comまで。