*tunagu*3月のお知らせ







          
               note:明るい光の射すほうへ。



春めいてきたなと思ったらまた寒くなったり、晴れたり曇ったり。

変わりやすいお天気や三寒四温をくりかえして少しずつ春は来るのだったなあと

思い出しています。

気付けばもう2月も終わりの日 (今年がうるう年でなかったらもう3月でしたね)

になってしまいました。

3月の花の会、間際のお知らせでお日にちも少なめですが、ご都合がよろしければ

春の花たちとご一緒させていただければうれしいです。

また3月の末には陶芸家の深田 容子さんの浦安で開かれる個展に花を添えさせて

いただきます。




  3月15日(火)  10時半〜   花の会(満席になりました。)


 
  
  3月16日(水)  10時半〜   花の会(満席になりました。)



  
  3月26日(土)  10時半〜   花の会(満席になりました。)




  3月29日(火)〜4月4日(月)  深田 容子さん個展
                   (浦安 ギャラリーどんぐりころころさんにて)






ひとつきお休みをした後の花の会。なんだかドキドキしています。

みなさまにお会いできることを楽しみにお待ちしています。












| *tunagu* | 15:15 │Comment- | Trackback-│編集

春色の部屋








           
          note:光を受けてはじけるような小さな粒たち。





春を告げる花、ミモザを部屋のかたすみいっぱいに活けました。

まだ風が冷たい空の下で自由に枝を伸ばし、つぼみをふくらませはじめた

その姿のまま部屋のなかでも。

ふわりと香る春の匂い、シルバーがかった緑の葉、そこからゆらりと糸をたらす

ちいさなクモも一緒に。(クモはそっと庭に逃がします、笑)








2016-kisaragi-mimozawreath117.jpg

笠間にある素敵なお洋服と雑貨のお店DOU DOUさんへミモザのリースをお届けに。
ステキに飾ってくださっていたクリスマスリースとツリーから春のリースへ。












| 日々 | 17:47 │Comment- | Trackback-│編集

少しずつ









            
            note:スタートは春の花と大好きなうつわと。






陶芸家の深田 容子さんの3月末から浦安で始まるうつわとお洋服の個展のDM

を担当させていただくことになりました。

うつわとお洋服と春の花。どんなふうにしたらそれぞれの素敵さが伝わるかなあ、、、

容子さんとおしゃべりをしながら、久しぶりに頭を動かし、手を動かし。

まだひんやりとする春の花やぎゅっと閉じたつぼみや、そして庭から摘んでいった

葉っぱや球根にそっと背中を押されて。

ひとつきお休みしていた体が、心が少しずつ動き出しました。







2016-kisaragi4.jpg

息子の試験、すべて終わりました。
まだまだ結果待ちのところもありますが4月からまたひとつ進んでいけそうです。
温かなお心を寄せてくださったみなさま、本当にありがとうございました。


受験が始まる前に、後輩や塾の大学生のチューターさんが応援の色紙や手紙を書いてきてくれたり
推薦で決まっている友達がお守りを届けてくれたり。
スマホやSNSが主流になっている息子世代だけれど、手書きのメッセージやわざわざ足を運んで
もらってきてくれた山のような(笑)お守りの数々、そしてさりげなくかけてきてくれた電話。

受験という名の日々のなかでいろんな大切なことに気付いた時間だったようです。



私も少しずつ。
3月の花の会のお問い合わせ、ありがとうございます。
遅くなっていて本当にごめんなさい。
近日中にお知らせいたします。










| 日々 | 23:07 │Comment- | Trackback-│編集

味噌仕込み








          
         note:ゆっくりじっくり美味しくなりますように。






寒仕込みのお味噌づくり。大豆を煮て、つぶして、まぜてまぜて。

この一連の作業って無心になります。あ、でも美味しくなあれ!と思うから

無心ではないのかな。

散歩で吹く風はまだ冷たいけれど、かすかに春の匂いがしてきました。









2016-misojikomi26.jpg

麹の白、香り、感触。
季節のめぐりとおなじようにめぐってくる日々のこと。
とても幸せだなあと思いつつ、味噌仕込みのあとの腕の筋肉痛の予感も毎年おなじだなあ。











| 日々 | 17:43 │Comment- | Trackback-│編集

立春を迎えて







    
           2016-risyun-utugi0.jpg
                 note:春への小さな息吹。





11月から活けているウツギの枝から小さな新芽がひらきました。

一見、枯れ枝のようにみえる木。実がかわいいので早々にドライにすることが

多かったけれど、ずっと水のなかに挿していたひと枝は年末のころから静かな呼吸を

していることを教えてくれていて、やがてその呼吸は立春とともに青々とした葉に。

1月の枝たちもぷっくりしたり、もしゃっとしたり。春の気配をちゃんと感じて

いるんだなあと思うと愛おしくなります。









試験日はおむすびにお味噌汁。
何年もお弁当を作ってきたけれど、ここぞという時のリクエストは決まって
おむすびにお味噌汁だったなあ。
写真は息子が中学生になったばかりの頃のもの。
きっと今朝撮ってもなんにも変わらない、でも私にとってとても大切なもの。






| 日々 | 14:32 │Comment- | Trackback-│編集

如月








           
              note:節分の準備。新しい春に向けて。





暖かな冬だなあと思っていたことを忘れてしまうくらい、冬らしい冬になりました。

くうまとの朝の散歩も空気がしんとするほど冷たく、でもそのぶん空はとてもきれいで

ゆっくり星が、月が消えながら何色にも彩られる冬の朝の空はきっと今だけのもの。

2月。冬の終わりと春のはじまり。








2016-mutuki-sitifukujin.jpg

1月の終わりの冬晴れの日、浅草七福神参りにでかけてきました。
いつもとは違う気持ちで歩く浅草の道はとても心地よく、ひとつひとつ御朱印をいただいて
九つの社寺をめぐるうちに心が、頭のなかが整ってゆくのを感じました。








                          
                         イメージ_convert_20160201160005

              週末の夜はトウヤマタケルタケオさんのliveへ。素敵な夜でした。

         ピアノの音色を聴きながら、息子に見せたい世界はまだまだたくさんあるなあと思う。
         そして今、自分の世界で全力でがんばっている彼の世界を私は見せてもらっている。
  親としてなにかを教えたりというよりは、お互いの世界を時々共有しながら過ごしてきたように思う。
       その時間は成長とともに少なくなってゆくけれど、でもきっとそれはずっと続いていって
                  ちゃんと私の心にキミの心に残っていくのだなと感じる母でした。
                                  

     







| 日々 | 16:38 │Comment- | Trackback-│編集

| main |

*tunagu*~花の会~

守谷市でちいさな花の会をやっています。  一輪の花からいろんなことにつながりますように。

*tunagu*花の会について&日程        *ちいさな会の様子はこちらです*       お問い合わせはこちら またはhanatunagu@gmail.comまで。