キャンドルとリースの会








          
             note:やわらかなミツロウ色と秋の緑色。







beebeecandleさんとミツロウキャンドルと小さなリースの会。

秋のリース、どんなのにしようかなと当日の朝まで(笑)悩んで、変更して

季節の移り変わりとともに足したり、引いたりしてもらえるリースを。







2015-9-candle-werath3.jpg

会のはじまりは1回めのおやつから。
今日は中秋の名月。我が家のお団子と一緒にみんなの分も作ってぜんざいに。
会の途中でみんなのおなかが空っぽにならないようにお団子は明日のスーパームーンらしく大きめに。








            2015-9-candle-werath1.jpg 2015-9-candle-werath5.jpg

                キャンドルづくりのはじまり。なんだかお料理教室のよう。
        ミツロウの香りが部屋いっぱいに広がって、眠る前のようなやわらかな優しい気持ちに。
            ブロックで表情を出したり、ストライプにしたり。みなさんのお好きなものを。


                           






2015-9-candle-werath2.jpg

やっぱりどの工程もおいしそう。







                                                          2015-9-candle-werath7.jpg

                    リースはビュッフェ(バイキング?笑)形式で。
          ベースはありますが、実ものなど付けたり付けなかったり。みなさんの今の気分で。
          ここでの完成は今日のもの。
         飾りっぱなしではなくまた足したり、引いたりしたもらいながら楽しんでもらえたら。









2015-9-candle-werath4.jpg

みなさんそれぞれのかわいい子たち。
今日は10名さまが参加してくださったのでその名のとおり十人十色でした。
キャンドルにもリースにもお人柄が表れて。








                                                                 2015-9-candle-werath15.jpg

                    リースのなかでツルウメモドキの実がはじけて。








2015-9-candle-werath8.jpg

出来あがってホッとした2回めのおやつはすっかり夕方。
こちらも芋名月とよばれる今日の満月にちなんでサツマイモのプリンを。
やっぱりおなかが満たされるようにベリーのマフィンと一緒に。
そしてみなさんのおもたせのおやつもたくさん。
キャンドルとリースとおやつの会になりました。







みなさんのお帰り。外に出ると暗くなりはじめた夜空にはきれいなまんまるおつきさま。
参加してくださったみなさま、beebeecandleのみほさん、素敵な時間をありがとうございました。
ミツロウと草花たちが出会う新しい魅力。またぜひみなさまにご一緒できたらと思っています。











| *tunagu* | 23:38 │Comment- | Trackback-│編集

秋色水無月のリースの会のお知らせ








            
                note:その年のすべてを受け入れて。






毎年寒さが増すまえに作っている水無月のリース。夏のはじめから白く咲き始めて

木々が紅葉するように秋の頃、ピンクに染まりはじめます。

毎年出会う表情はひとつとしておなじものはなく。

グリーンがかっていたり、きゅんとするような桜色だったり、ワインのような

オトナ色だったり。

いつもより早く訪れた今年の秋。写真は昨年、畑を訪れたときのもの。

今年はどんな秋色に出会えるのかとても楽しみです。




   10月9日 (金)  10時半〜   秋色水無月のリースの会
                         (満席になりました。)



   
   10月10日 (土)  10時半〜   秋色水無月のリースの会
                         (満席になりました。)









2013-minaduki4.jpg

これはおととしの秋色水無月のリースの会のもの。
どんな色でもなんだかちょっぴり女の子の気持ちになる秋色水無月。
みなさんにお会いできることを楽しみにお待ちしています。









| *tunagu* | 06:39 │Comment- | Trackback-│編集

露草







        
           
            note:朝のしずくに濡れて静かに光る露草。






朝のくうまの散歩で見つけた露草。(ツユクサ)

なんとなく雨の季節のものという思いがあったけれど、今年この季節にこんなに

目につくのは朝の散歩が日課になったから。

朝に咲いて、昼にしぼんでしまう花だから昨年までの暮らしのリズムのなかでは

なかなか気付くことができなかったのだなあと思う。

そうだった。露草は梅雨の頃から秋の始まりの頃までの花。

見えているようで見えていないこと、知っているようで知らないこと、

思い込みで気付けなかったこと、見ようとしないと見えないこと。

心を柔らかくしていないと日々はなにも言わずに過ぎていってしまう。








2015-kinmokusei4.jpg

今朝の散歩では、あちらこちらから金木犀の香り。
昨日までは香っていなかったのに一斉に。
家の庭の金木犀もちゃんと咲いてくれていました。
こんなに黄色い姿で見えているはずなのに、
香りが教えてくれなければ気付かずに通りすぎてしまうような花。
今夜の雨で明日は黄色いじゅうたんかな。もう少しこのままで。










| 日々 | 19:48 │Comment- | Trackback-│編集

*tunagu*花の会








          
         note:ふっと優しくなれるような秋のピンクいろ。






9月後半の花の会。大雨の被害で道路事情もいつもと違うなか、那須から花を

届けてくださったことに、そして那須の畑も雨の影響を受けながらもこうして

この秋の花に出会い触れられることに、いっそう感謝しながらの花との時間。

やわらかな色に、ゆらゆら揺れる草花たちにいろんな思いをのせて。






2015-tunagu-9-19-10.jpg

伸びやかに。いろんな季節を一緒に過ごしたことを思いながら。






       
                                                                      
2015-tunagu-9-190.jpg

ススキまでもがピンクに色づいて。この日はオトナ女子の幸せについて考えたり。








2015-tunagu-9-19-6.jpg

残暑がなくはじまった今年の秋の花色はいつもよりどこか儚げに感じます。









            

            2015-tunagu-9-19-4.jpg 2015-tunagu-9-18-0.jpg

                     秋のごはん時間はいつもに増してほっこり。
        かわいいちびっこに癒される日と、秋色に熟した大人の日と。どちらも花の会らしく。








先月のkoushaさんでのうつわと苔玉の会のときのうつわが出来上がってきました。
花の会でのお渡しをご希望された方の分はこちらでお預かりしています。
koushaさんでのお渡しの方はお時間のあるときにkoushaさんまでお願いいたします。
どの方のもとっても素敵で欲しくなってしまうほどです!








| *tunagu* | 23:57 │Comment- | Trackback-│編集

庭の赤い実








            
          note:優しく季節の移ろいを教えてくれるハナミズキ。






ふと気付くと庭のハナミズキに赤い実。この家に引っ越してきて間もなく植えた

ピンクの花のハナミズキはいつのまにか大きくなり、葉っぱのなかに隠れるように

つける実は見上げても見えづらく、2階の寝室のカーテンをあけるときにその存在に

気付くようになりました。

赤、朱、あか。普段はなじみのあまりない色ですが、高校生のときに仲良しだった子に

「ゆっこちゃんは赤が似合うよ。」と言われてドキッとして目をやったその子の家の庭

にも赤い実。

赤かあ、、、と眺めたあの実はなんの実だったのかは覚えていないけれど、なんとなく

あんな赤だったらいいなあと思った、秋の赤い色と赤い実のちいさな思い出。









| 日々 | 19:38 │Comment- | Trackback-│編集

秋色紫陽花のリースの会







        

           
               note:一度しかない今年だけの秋の色。





つくばにあるマクロビのお教室salon de bilanさんで秋色紫陽花のリースの会を

させていただきました。

今年は長雨からはじまった秋。日照不足で紫陽花も色づきもあまりよくないよう。

それでもとても幸せなことに色とりどりの日本で育った秋色紫陽花に出会うことが

できました。







2015-akiiroajisai-wreath5.jpg

秋の雨のせいかところどころに水の透明感を残して。







                                                                                                       2015-akiiroajisai-wreath337.jpg

                    手のひらのなかで季節を愛おしく感じます。









2015-akiiroajisai-wreath10.jpg

秋の夜に。いろんなことがあるけれど人も花もそっと寄り添えたら。








            2015-akiiroajisai-wreath21.jpg 2015-akiiroajisai-werath35.jpg

       智美さんの用意してくれたごはんもすっかり秋の色。ほっこりとおいしくてやさしくて。
       おやつには2種類の和菓子とシャーベット。栗や梨、いちじく、、、旬のものが並びます。
         食も花も、人は無意識のうちのその季節のものをちゃんと求めるようにできていて
         その感覚に気付くことがきっととても大切で、とても幸せなことなのだと思うのです。




 




智美さんとご一緒させていただくのももう何年目、何回目か分からなくなるほど。
その度に素敵な出会いがあり、楽しい時間を過ごさせていただけること、感謝しています。
ご参加くださったみなさま、智美さん、ありがとうございました。














2015-9-15-kinennbinohanataba3.jpg

結婚記念日の花束。だんなさまからのこっそりのご依頼。
やりとりの中でだんなさまのお気持ちが伝わってきて、とても幸せな時間でした。
あとに少し残るものを、、、とのご希望だったのでリースにしたのとはまた違う色合いの
彼女のイメージの秋色紫陽花と秋の実ものと、香りをきゅっとまとめて。
末広がりの8年目おめでとうございます。いつまでも穏やかに幸せなご一家でありますように。








| *tunagu* | 23:53 │Comment- | Trackback-│編集

秋風








            
              note:すっと風が吹いて心和むもの。






竹ひごづくりを習いはじめて、いちばんはじめにできたひご。

ひご、とは呼べないくらい厚くて長さも幅もいろいろ。

かご編みできるようなものではないけれど、どうしても捨てられなくてとっておいたのを

形にしてみようと思い、六つ目編みを変形させてちいさな花入れに。

ピンクの小さな花を咲かせている萩は、いつの間にか庭の住人になったもの。

不格好な竹細工とどこからかやってきた萩。

いちばん私らしく、いちばん落ち着く花との関係はこんな距離感。

夕暮れの庭はいつのまにか秋の虫たちの声に。







| 日々 | 19:07 │Comment- | Trackback-│編集

| main | next »

*tunagu*~花の会~

守谷市でちいさな花の会をやっています。  一輪の花からいろんなことにつながりますように。

*tunagu*花の会について&日程        *ちいさな会の様子はこちらです*       お問い合わせはこちら またはhanatunagu@gmail.comまで。