年の瀬







              
         note:新しい年に合わせるようにゆっくりと開きはじめました。




あっという間に大晦日を迎えました。昨日、気持ちよく仕事納めをしてようやく一息。

「駆け抜けているね。」と言われた年でしたが、私自身はそんな自覚はなく

ただただ毎日の目の前のことを楽しく、時に苦しみながら(笑)過ごす日々でした。

「もっと時間があったら。」そういうふうにだけは思いたくなくて、今できるチカラで

ていねいに、、、そう思っていたけれどどうだったかな。

今夜はゆっくり振り返りたいと思います。

花の会を始めて5年目。花のことも人としても、今年の後半からはもっともっと

学びたいという気持ちがとても強くなりました。

来年は広げることより、深く。そんなふうに過ごしたいと考えています。

今年も1年、本当にありがとうございました。

すべての出会いに感謝して。

どうぞよい年をお迎えくださいませ。






                                
                           hanakanmuri19.jpg

       昨年、産まれたばかりのあの子に会いに行くことができなかったことがずっと心残りで。
                  今年は1歳のお誕生日に花かんむりを手に会いに行ってきました。
                       年の瀬生まれのかわいい女の子。お誕生日おめでとう。






                              

| 日々 | 18:54 │Comment- | Trackback-│編集

暖炉さんでのお正月準備の会






 
             oshougatujyunnbi2014-9.jpg
         note:小さな葉ボタンは暮らしのなかに優しくなじみます。




暖炉さんでのお正月準備の会も3年目に。暖炉さんの年内の営業が終わった次の日に

ゆっくり、、、いえいえとってもにぎやかにさせていただくことが恒例となりました。

今年は総勢16名さまと。毎年楽しみにしてくださっている方もいらして。

人数が多いので水引は結んでいこうかなあとも思ったのですが、やっぱりお伝えしたく。

ほんの少しぶかっこうでも(すみません、笑)、ご自分で作られたものは愛おしいから。

時々「先生ー!」(先生ではないけれど)と呼ばれるけれど、分かった方がおとなりの方

のお手伝いをしたり、みんなで「こうかな?」と進めたり。

花の教室ではなくて、本当にみんなで作る花の会。

作業中の写真は1枚も撮れないほど、集中したとても濃い時間でした。





oshougatujyunbi1115.jpg

ラベンダーと間違えるほどのきれいな黒米。
今年は「食べられること」の大切さをあらためて感じた1年でした。
食料がある、という意味でも、心が、体が食べられる状態という意味でも。
そんな思いをこめて今年のお飾りを考えました。






               

                                                              oshougatujyunbi113.jpg

      お正月の会のなおみさんのごはんはビュッフェ形式で。好きなものを好きなだけ。







2014-oshougatujyunbi111.jpg I2014-oshougatujyunbi1132.jpg

「いただきます!」どれも優しくてホッとするごはん。やっぱり食べられるということに感謝して。





ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。
参加しながらお手伝いしてくれたけいこちゃん、本当にありがとう。


花の会納めは暖炉さんで。仕事納めはまだ先ですが、みなさんを見送って何とも言えない気持ちに。
今年も1回、1回、そのときの会でいろんな出会いがあり、思い出があり。
その度に幸せな気持ちをいただいたこと。感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。








| *tunagu* | 23:45 │Comment- | Trackback-│編集

出張お正月準備の会







             
               note:クリスマスの赤からお正月の赤へ。





埼玉でかわいいみなさまとお正月準備の会。この日はクリスマスだったけれど

みなさんパーティーは昨夜のうちに終えられて、今日はすっかり心もお正月の準備へ。






2014-oshougatujyunbi88.jpg

しめ縄はいつもお世話になっている陶芸家の飯高さんのお母さんが編んでくださったもの。
その年の飯高さんの田んぼで取れた稲穂で。
大きかったり、小さかったり、勢いがあったり。手作りならではの味わいあるものからお好きなものを。
お米は新潟から送ってもらったものを使います。






                         2014-oshougatujyunbi1110.jpg
  
     まずは水引を結ぶところから。あわじ結び、いろんな色の取り合わせで雰囲気を楽しみます。
                できるようになってくると本当に楽しくて。一見、水引教室のよう。








2014-oshougatujyunbi2223.jpg 2014-oshougatujyunbi223.jpg

南天、ひかげのかずら、黒米、、、。意味を感じながら飾り付け。
麻苧などを使って昔ながらのやり方で。
それぞれの1年と新しい年への思いがこもったお正月飾り。





                      

            

               2014-oshougatujyunbi123.jpg 2014-oshougatujyunbi998.jpg

    お持ち帰りいただくお正月の花をまんなかに、ごはんの時間。おやつもひと足お先にお正月に。
            お雑煮、信太巻き、洋風のなますなどどれも新年にもいただきたいものばかり。
                            











2014-oshougatujyunbi1115.jpg

「今日はまだクリスマスだよー」と思い出せせてくれるかわいいサンタさん。
季節の移ろいとおなじように暮らしのなかもいろんな風景が重なって。それでいいと思うのです。








  




| *tunagu* | 23:38 │Comment- | Trackback-│編集

日日是好日






        
            
          note:なじんでいるけれど新しく。不思議な感覚。





夏の終わりの頃、リゼッタさんの染め直しプロジェクトに出した洋服が戻ってきました。

お気に入りで大事に、でもたくさん着て。少しくたびれて出番が少なくなっていたけれど

買ったときの、そのあとの思い出もたくさんあって「捨てる」という選択肢はなくて。

お店にお願いをしに行ったときに、タグが今のものとは違うからずいぶん前のものだと

教えてもらったときはちょっと恥ずかしくもあり、そんなに長く一緒だったのだなあと

なんだかうれしくもあり。

「直して使う」という感覚はたぶん父からもらったもの。

庭先でなんでも直す父を見ては、もう新しいのに変えたらいいのにと思っていたけれど

「直すこと」の傍らにある気持ちに気付けたのは大人になってからでした。





                         
                                                                2014-xmas6.jpg

     毎年いちごをのせすぎてサンタさんが落ちてしまうので今年は最初から安全な場所へ。

              *May your Christmas be filled with peace and joy and happiness.











| 日々 | 23:57 │Comment- | Trackback-│編集

*tunagu*お正月準備の会






    
          
       note:今年のお飾りのひとつ。お米の重さを感じながら。




週末2日間はお正月準備の会でした。お伝えしたいこと、手を動かすこと、

そして楽しいお話、1年の思い出。

時間はあっという間に過ぎて、その時間のどの場面も愛おしくて。

今年はそんな輪のなかにとんっとはいったような、そんなお正月準備の会でした。






2014-oshougatujyunbi338.jpg

お飾りにつけるあわじ結びを結んでゆきます。
はじめはみなさん、頭のまわりにはてなマークをたくさん飛ばしていますが
コツをつかんでしまうと楽しくて、居残りしながら(笑)大きさを変えたり色の組み合わせを楽しんだり。






               

                        2014-oshougatujyunbi334.jpg
    今年はしめ縄もお飾りも本当にシンプルなもの。その分ひとつひとつの作業をていねいに。
     ほんの一束の稲穂でもずっしりとくる重みを、日々ごはんを食べられることに感謝につなげて。
     








2014-oshougatujyunbi2138.jpg 2014-oshougatujyunbi114.jpg

おやつはhigasiyaさんの果実と木の実の道明寺羹を。

週末もたくさんのサプライズなあたたかなお気持ちをいただきました。
そしてやっぱりおもしろエピソードも。
あたたかな時間を過ごすたびに、やっぱりここは来てくださるみなさんが一緒に作ってくださる会だと
しみじみ感じて。。。私ひとりでは絶対にできないこと。
素敵な会を、時間を一緒に作ってくださって本当にありがとう。






我が家での今年の花の会は週末で終わり、あとはいくつかの出張花の会を残すところとなりました。
ここでのたくさんの出会いや笑ったり泣いたりしたことをひとつひとつ思い出しながら来年に向けて。
来年もここでお待ちしています。







| *tunagu* | 23:26 │Comment- | Trackback-│編集

*tunagu*1月のお知らせ







           
             note:暖かな部屋で日に日に芽吹く柳。





来年ってずっと向こうのことだと思ってたのに気付けばもう数えられるほどに。

1月の*tunagu*は冬の景色そのままに枝たちの会を。

そこに春を待ちわびる土のなかの風景や冷たい風に揺れる草木を合わせて。

木々のなかのちいさな冬芽や、目を向けないと気付かない冬の息づかいをご一緒に

感じられたらうれしいです。




  1月13日(火)  花の会   10時半〜 (満席になりました。)



  
  1月14日(水)  花の会   10時半〜 (満席になりました。)



  
  1月17日(土)  花の会   10時半〜 (満席になりました。)




  1月18日(日)  花の会   10時半〜 (満席になりました。)




  1月19日(月)  kiitosさんでの冬景色の花の会 (満席になりました。)
                   詳しくはこちらをご覧ください。 








新しい年のはじまり。みなさんにお会いできることを楽しみにお待ちしています。







| *tunagu* | 21:22 │Comment- | Trackback-│編集

kiitosさんでの冬景色の花の会のお知らせ







             fuyunosora8.jpg
                    note:澄んだ冬の空。






坂東市にある素敵なギャラリーkiitosさんにて花の会をさせていただきます。

初夏の花の会をさせていただいたのは7月のこと。

kiitosさんの庭や里山の景色を追いながら季節ごとの花の会の予定でしたが前回の

秋の会は台風で中止になってしまいました。

季節は進んで、今回は冬景色の会。冷たい風のなか自然そのままの景色をご一緒できたら

うれしいです。




  お日にち  1月19日(月)  10時半〜



  会費    5000円 (ごはん、おやつ付き)



  場所    茨城県坂東市



  持ち物   お持ちでしたら花ばさみ



  



お天気がよかったら外にも出ようと思っていますので、あたたかくしていらしていただけたらと思います。
みなさまにお会いできること楽しみにお待ちしています。









| *tunagu* | 21:18 │Comment- | Trackback-│編集

| main | next »

*tunagu*~花の会~

守谷市でちいさな花の会をやっています。  一輪の花からいろんなことにつながりますように。

*tunagu*花の会について&日程        *ちいさな会の様子はこちらです*       お問い合わせはこちら またはhanatunagu@gmail.comまで。