うつわと花の会

         




         
            note:容子さんのうつわに木々を添えて。





陶芸家の深田 容子さんの工房兼ご自宅で2回続きのうつわと花の会。

1回目はうつわを作り、ひと月後の2回目に焼き上がったうつわに花を添えて

ゆきます。花を活けるからこれを作ってね、というのではなくて、普段の暮らしの

なかで使いたいと思うものを作ってもらえたら。花は何にでも活けられるし、

お気に入りのうつわに添えてもらったら、うつわも花ももっと好きになるから。






utuwatohana-yoko1132.jpg
まずはてびねりから。容子さんにさくっと作り方を教えてもらったらあとは自由に。
迷いなくどんどん作られる方と、粘土をこねこねしながら考える方と(笑)
そんなところからもその人らしさが見え隠れしておもしろいのです。





            
                   utuwatohana-yoyko114.jpg
              幼稚園の先生のrieちゃんのてびねりトトロ。さすが!かわいい!
        私もおうちを作ってみましたが、思っているより難しく。ここでは割愛(笑)します。







utuwatohana-yoko11.jpg
土の種類を変えてろくろへ。容子さんはとっても簡単そうに次々と形作っていくのですが
実際にやってみるとそんなに簡単なことではなく。
そんな経験をさせてもらいながら、今持っているうつわの背景が見えてきてより愛おしくなります。





          
                           utuwatohana-yoko1125.jpg
            みなさんそれぞれの出来上がったうつわたち。どれも上手でかわいくて。
                    焼き上がったらどんなふうだろうととても楽しみです。









utuwatohana-yoko2340.jpg utuwatohana-yo6.jpg
うつわ作りのあとはごはんの時間。容子さんのうつわに盛りつけて。
今日のうつわの会では私がごはん担当で、次回の花の会では容子さんがごはん担当です。
おやつは北海道出身の容子さんが北海道のおやつをたくさん用意してくれました。






にぎやかに、和やかに。うつわ作りも花を活けるのもドキドキしつつも「楽しい!」がいちばん。
来月のうつわと花の会がとっても楽しみです。









                        utuwatohana-yoko124.jpg
    番外編 ごはん担当だった今日。仕出し弁当屋さんのような楽しみを見つけてしまいました。






               


| *tunagu* | 23:53 │Comment- | Trackback-│編集

花が咲いたら

           
             

            
          
      note:飾るときも食べるときも、摘むときの気持ちはおんなじ。




いつからか、どこからかやってきて庭のかたすみに毎年顔を出してくれるように

なったドクダミ。葉っぱがみるみるうちに大きくなって今年もかわいらしい

花が咲きました。花が咲いたらおいしくできるよ、の合図。

軒下に干してお茶を作ります。摘んだときはつんっと独特の匂いがするけれど

乾燥させると匂いはなくなります。この独特の匂いも梅雨の前の季節のお知らせ。

ほんの少しの量だけれどそれで十分。ちいさな庭の自然がくれる自然そのままの

恵みにありがとう。








                                                               dokudami8.jpg
                   バケツでざぶざぶ洗われておひさまの光を浴びて。
                          花も、茎も、葉っぱも全部いただきます。









| 日々 | 06:53 │Comment- | Trackback-│編集

ピクニックの会のお知らせ

         
            


          picnik33.jpg
             note:5月はシロツメクサのじゅうたんの上で。




5月から始まったピクニックの会。6月もまた季節の移り変わりを感じに、

自然の一員になりに、森のなかへ。

ひとつき過ぎた森はどんな表情を見せてくれるのかな。とても楽しみです。



 
 お日にち  6月12日(木) 10時くらいから。
         雨のため中止になりました。次回は7月10日(木)です。


 場所    つくば市高崎自然の森


 会費    600円 (cocochiのおむすび付き)

 

       *飲み物やお手拭きなどは各自でお持ちください。
         ごはん、のときにみんなで食べたいものがありましたらぜひ(笑)。






           お申し込みは右上のお問い合わせはこちら、からお願いいたします。
           のんびりな森の時間をご一緒できること、楽しみにお待ちしています。









picnik-13.jpg
花の会では那須から届くホウチャクソウも森の中で見つけました。
いつも触れている草花がどんな場所で、どんなふうに呼吸しているのかを
知ってもらえることもピクニックの会の楽しみです。








| *tunagu* | 07:55 │Comment- | Trackback-│編集

豊かな時間が流れるところ

       
           


          
        note:窓からは森の音や小鳥のさえずりが風と一緒に。
           



花の会に来てくださっているともこさんがステキなギャラリーをオープンされました。

野の花と一緒に、この道で大丈夫かな(笑)と不安になりつつも着いたその場所は

とっても豊かな時が流れるそんなところでした。




kiitos117.jpg
小澤 陽子さんのうつわととオルガ ベネットさんの写真の展示中。





                      kiitos111.jpg
                       玄関に花を添えさせていただきました。






kiitos1120.jpg
森の風を感じながらご家族と一緒にお茶の時間を。
草花のお話しをしたり、ぼんやりしたり。
よしこおばあちゃんの作ってくださったかりんとうまんじゅうは、カリカリでとてもおいしくて。
普段の暮らしと、ともこさんの好きなことが何の違和感もなく寄り添うそんなところ。
あまりにも居心地がよくて、長居をしてしまいました。






四季折々の風景が広がるこの場所で草花との時間をご一緒させていただくことに。
ステキだけれど、日々の暮らしが寄り添うところ。ここで暮らしていてよかったなあと感じること。
思うカタチが少しずつ見えてきたそんな時間でした。




                 

                   Kiitos
                         茨城県坂東市矢作2790
                          tel 0297-30-2511
                        
                      Yoko Ozawa Pottery × Olga Bennett
                         5月24日(土)〜6月1日(日)10時〜16時



                    *Kiitosさんはイベント期間中のみのオープンです。

 





| つながり | 23:03 │Comment- | Trackback-│編集

*tunagu*花の会

            

            


             
         note:そっとそこに風が吹くような。暮らしの景色のなかの花。





朝いちばんの窓を開けると、しっとりと空気の湿度を感じるようになりました。

5月のはじまりと終わり。平日と週末。人も花もそんな空気感をまといながら

始まった花の会。






tunagu-5-24-11.jpg
そこで咲いているかのような草花たち。
絡んだり、よりかかったり、支えたり。






                                                  
                                                                                                         tuangu-5-24-80906.jpg
                      ちいさな草たちも行きたい方へ草丈を伸ばして。






tunagu-5-23-111.jpg
出産されてママになって赤ちゃんと一緒に。ちっちゃなあんよも行きたい方へ一生懸命。






            



             


             tunagu-5-24-16-7.jpg tunagu--24-115.jpg
                   今月のごはんはみんなでとりわけスタイル。
   うれしいこと、楽しいこと、おいしいこと。みんなで分け合ったら喜びはもっとふくらんで。
   来月はもう梅雨入りしているかな。季節の移ろいをこうして一緒に感じ合える人たちがいること。
   たとえ雨の季節でもそれすら待ち遠しくなるのです。









| *tunagu* | 23:52 │Comment- | Trackback-│編集

*tunagu*花の会

           



            
            
          note:かごの中から外へ。季節の景色はつながって。





5月の花の会。那須から届く花たちは先週はじめの花からまた少し色濃くなり。

ほんの数週間のことなのに、季節が移ろいでいることをはっきりと感じます。

初夏のひかりともうすぐやってくる梅雨のかすかに香る雨の匂いを感じながら。





tunagu-5-23-11.jpg
伸びやかに、伸びやかに。今は小満。命が満ちてくる頃。
1日ごとに、ひと雨ごとに大きくなる5月の草花のまっすぐな命を感じました。






                                                                                                           tunagu-5-23-4.jpg
                      この日に1本だけ入っていたピンクの矢車草。
            主張するでもなくちょこんと影からのぞく姿がとてもかわいくて。
            なによりその姿に気付く、みなさんの花をみつめるまなざしがとっても優しく。
            ピンクの矢車草になったみたいになんだかうれしくなりました。







tunagu-5-23-54.jpg tunagu-5-18.jpg
今日のごはんはおむすび2種類といろんな野菜のおかずを。
どうしてかな。おむすびっていつものごはんに増してみんなの笑顔がふくらみます。
あ、ほっぺたも。
おやつはつくばのnanohanaさんのナッツのタルトと菜種油のクッキーを。
タルトがこわれないようにこんなふうにかごにのせてお渡ししてくれたお菓子は
とっても優しいお味。








はじめてさんもベテランさんも草花をとおしてつながる時間や気持ち。
花を売るでもなく、作品を作るでもなく、ただこんなふうに人と草花と
なんてことのない、でも本当はいちばん大切な日々の暮らしがこんなふうに重なり合う時間が
花の会なのだなあとあらためて感じた1日でした。







| *tunagu* | 23:26 │Comment- | Trackback-│編集

WOOD WORK さんでの苔玉づくりのお知らせ

          

          

         
               note:自分だけのちいさな森の木。




6月3日から6月29日まで越谷のkoushaさんと御徒町のWOOD WORKさんで行われる

「森から生まれた器」にて1ケ月間、花を添えさせていただきます。

森をテーマにしたイベントのふたつの会場にどんなふうに木々や草花を添えさせて

いただこうかと、とてもワクワクしています。

また期間中、WOOD WORKさんにて苔玉づくりのワークショップを。

苔玉をのせるのにちょうど良い飯高 幸作さんの小皿とWOOD WORKさんの無垢の

トレー付きです。



 
 お日にち  6月22日 (日) 10時〜12時 (満席になりました。)


 場所    WOOD WORKさんにて (御徒町)


 会費    4500円(苔玉づくり、小皿、トレー付き)


 お申し込み  hanatunagu@gmail.com まで。 





kousha-woodwork15.jpg kousha-woodwork21.jpg
小皿は数種類のなかから、トレーはお色を選んでいただけます。
小皿やトレーは苔玉をのせる以外にも普段の暮らしのなかでいろんな用途に使っていただけたら。





              皆さんにお会いできること楽しみにお待ちしています。




        




| *tunagu* | 00:42 │Comment- | Trackback-│編集

| main | next »

*tunagu*~花の会~

守谷市でちいさな花の会をやっています。  一輪の花からいろんなことにつながりますように。

*tunagu*花の会について&日程        *ちいさな会の様子はこちらです*       お問い合わせはこちら またはhanatunagu@gmail.comまで。