益子陶器市へ

           

           


          
      note:一緒に帰ってきた叶谷 真一郎さんのうつわに庭の花一輪。




雨のなか長靴履いて、益子の陶器市へ。ずっと仲良くしていただいていて花の会でも

うつわを置かせていただいているおしんさんこと叶谷 真一郎さんの出展が

最終日ということもあり、ゆっくりお会いしたくて朝いちばんにでかけてきました。

雨の益子は静かでのんびりしていて、雨降りのおかげで皆さんとゆっくりお話しさせて

いただきとてもすがすがしい1日でした。






2014-masiko27.jpg
かわいく重なる叶谷さんのスープカップ。
雨の日だとまた見え方が違うんだなあとあらたな発見。
おしんさんの益子での出展は今日が最終日でしたが、5月の千葉のにわのわ、10月の工房の風にも
また関東へ来てくださいます!






                                     
                       2014-smasiko5.jpg
                安達 健さんのうつわは土っぽい感じがとても好きです。






2014-s-masiko112.jpg
いつもお話しが楽しくて長居してしまう鈴木 環さんの鈴木商店。
今年もやっぱり(笑)





           
                        2014-s-masiko17.jpg
                益子ではここの山野草をながめるのもとても好きです。
                今日はたまたま居合わせた素敵なおばさまと山野草談義をしながら。







2014-smasiko125.jpg
林 拓児さんのオーバル皿は珍しい初期の頃の釉薬のものに出会いました。
息子へのおみやげに買ったいちごと一緒に。







                          2014-s-masiko7.jpg
                    益子の竹かご職人のおじいさんが編んでいる竹かご。
                               こちらをのぞくのも毎年の楽しみ。







雨の日の陶器市は(たぶん)初めてだったけれど時間も人もゆるりとしていて
こんな日もまたいいなあ。
うつわはもちろん、陶器市のたびに「お久しぶりです!」と会えるそのつながりが
晴れでも、雨でも、そして短い時間でもここに向かわせてくれる原動力なのだなあと
今年もまた素敵なつながりに感謝して。









| 日々 | 23:23 │Comment- | Trackback-│編集

雑草教室へ

        
          


          
      note:力強く根を伸ばすタンポポは根っこまでいただきます。





信州の四賀にあるるりこう庵さんでの雑草教室に参加させていただきました。

花ってかわいいなあ、好きだなあといちばんはじめに思ったのは、ずっとずっと

昔のこと。その花はお花屋さんの花でも、花壇の花でもなく、遊び場所だった土手や

空き地の足もとの草花でした。大人になっていろんな花に触れられるようになった今

やっぱり心の根っこにあるのはそんな足もとにある、なんてことのない小さな花たち。

そして今だからこそ、もう一度ゆっくり向かい合ってみたいなあと思っていたところに

生まれ育った信州での雑草教室。図々しいかも知れないけれど草花たちが導いてくれた

のかな、と思っています。






rurikouann32.jpg rurikouann13.jpg
1日目は雑草ごはん会。みんなで食べられる雑草を摘みにでかけます。
雑草のことを教えてくれるのはかわしま よう子さん。
日々、足もとの草花を飾るのはあたりまえだったけれど、食べるという視点はなく。
食べる、いただく、という視点で見るといつもの草花への想いもより深く。





         
                
          rurikouann21.jpg rurikouann16.jpg
              自生するワサビにムラサキハナナ。摘みながら味を確かめて。









rurikouann26.jpg
摘んだ草花たちのごはん担当は新納 平太さん。最後はるりこう庵の台所でみんなで仕上げます。





                           
                                                                                                        rurikouann27.jpg
               ふきのとうのロールキャベツやハンバーグ、タンポポの天ぷら。
     ムラサキハナナ、カキドオシ、ギシギシ、スギナ、タネツケバナなどなどはかきあげやサラダに。
     ちゃんと葉っぱ、花ひとつひとつ味が違って苦みがあったり酸味があったり。
     しっかり体を動かしたあとのごはんは本当においしくて。
     体を使って働いて、おなかが空いてごはんを食べる。そんなあたりまえのことがとても幸せ。









rurikouann49.jpg
宿泊は農家民宿kajiyaさんで。
10時半に眠りにおちて、夜明けとともに自然に目が覚めました。こんなに寝たのは久しぶり。






                               
                                                                  rurikouann15.jpg
                             5時台のまだ静かな朝の散歩。
             同じようにお散歩していた地元のおじいさんやおばあちゃんと挨拶しながら。









rurikouann42.jpg
2日目は酵素づくりの雑草摘みから。かわいく花摘み、ではなくて(笑)
おおきな背負いかごいっぱいにざっくざっくと摘んでいきます。
でもそのときも、いただきます、とかわいいなあという気持ちは忘れずに。
そこからみんなでざぶざぶ洗って、ビニールシートの上に広げて砂糖をまぶして。
おいしくできますように。





                         
                               
                           rurikouann17.jpg
            そして最後は花飾り用に花摘みへ。スケッチしながら好きな花を摘みます。
                               私はスミレとカキドオシを一輪ずつ。







rurikouann11.jpg
いろんな言葉がすうっと入ってきて、それは人の言葉だったり草花の言葉だったり。
私も自然の一部なんだと五感で感じた2日間。
心もからだもとっても素直になったように感じています。





地元の方の自然農法を始めるお話しを聞いたり、秋の雑草に、景色に想いを馳せたり。
季節ごとに訪れたい場所ができたこと、会いに行きたいと思うひとたちが信州に増えたこと
とても幸せな出会いを、時間をありがとうございました。









| 日々 | 22:58 │Comment- | Trackback-│編集

そこにある場所

           



            
     note:みんなの目に映る花の会の景色はこんなにもあたたかなんだな。





花の会を始めて5度目の春を迎えました。昨年の冬、花の会の誕生日よりひと足先の

私の誕生日に素敵なプレゼントをいただきました。

小さな花の会のキロク、と名付けられたその小さな本のなかには、花と、皆さんと

過ごした大切な毎月の時間が写真と、優しい言葉と一緒にちりばめられていました。

花のかわいさを、暮らしのなかの花のことを伝えたい。そんな想いではじめた花の会

だけれど、そんなことより何より、私自身が誰よりも花との時間をみんなと一緒に共有

したい、そんな場所を作りたかったんだと思っていたことに気付きました。

花の会は来てくださるみなさんが一緒に作ってくれている、それはずっと変わらない

想い。草花がそっとそこにあるように、ここもずっと、そっとある。そんな草花のような

場所でありたいなと思っています。






2014-april-5-0.jpg
ひとつの花茎からふたつの花を咲かせる二輪草。



一輪の花がバトンのようにみんなの心に伝わって、つながって。やわらかな縁を描く時間。
本を作ってくれたhirokoちゃん、ここを見つけてくれた皆さん。
やっぱりこの言葉しか見つからないけれど。。。ありがとう。








| *tunagu* | 22:03 │Comment- | Trackback-│編集

*tuangu*花の会

            
 
           


           
              note:日に日に色濃くなってくる春の花たち。





4月の花の会、最後の日。はじまりからほんの何日かなのに、春の花たちは

深みを増してきていることが分かります。そして、花が終わり種をつける姿は

次の季節に命をつないでいく証。

生まれたての赤ちゃんみたいなやわらかな草花たちなのに、その力強さにドキッと

するのです。






2014-422-21.jpg
那須の畑から届く花、庭でその日に咲いた花、散歩道で摘んできた花。
みんな自然の姿のままの花。






                                                                 2014-422-2.jpg
        桜のつぼみ。かごのなかで、それぞれの暮らしのなかでどんなふうに咲くのかな。







2014-422-47.jpg
選んでもらう苗のなかのひとつ、オンファロデス。
ちいさなちいさな白い花。





 

              2014-422-198.jpg 2014-422-29.jpg
                  今日のごはんはたけのこご飯と手前味噌のお味噌汁。
      salon de bilanのさとみさんのクッキーはちびっこも大好きで重ねたままパクッと(笑)





                                                       


2014-422-39.jpg
転がるちびっこちゃん。かわいくてながめていると時間があっという間です。








                 2014-422-119.jpg
        花の会が始まる前の朝の風景。お花屋さんになりたいと思ったことはないけれど、
草花を並べて花を摘むように好きな花を選んでもらえたら…みんなが花ともっと仲良くなれたらいいな。
                                           

                                  そんなことを妄想中。。。








| *tunagu* | 19:21 │Comment- | Trackback-│編集

*tunagu*花の会

           



            2014-4-18-1.jpg
          note:かごからこぼれおちるしずくみたいな二輪草。




しっとり春の雨の日の花の会。晴れの日とは光も空気も違って、花も人もひとやすみ。

すぅーっと深呼吸するようそんな時間でした。




2014-4-18-7.jpg
那須から届いた八重桜。控えめな桜色が雨に映えて。






                                                                 2014-4-18-114.jpg
         今日のみなさんが選んだ苗はみんなビオラ。落ち着いた雨のひかりの関係かな。
     先日の晴れの日はちいさな小花を選ぶ方がほとんどだったので、おもしろいなあと感じつつ。
                      甘くなりすぎないのはこんな日だからかもしれません。







2014-4-18-219.jpg
雨の朝、庭でひっそりと咲いた翁草も一輪ずつかごのなかへ。






               2014-4-18-116.jpg 2014-4-18-119.jpg
                    今日のごはんはcocochiのみほさんのケークサレを。
                 昨日のコラボレッスンの時に急きょお願いして焼いてもらいました。




ごはんのあとは花の湯あげ、焼きあげを実践しながら仕方をお伝えしました。
やりたい、知りたいをこうして伝えていただけることがとてもうれしくて。
皆さんが花とどんどん仲良くなっていることを教えてもらったり、実感しては幸せな気持ちになります。





          

                                                                   2014-4-18-333.jpg
       今日の花の会はかわいいお手伝いさんが。とっても働き者で助かりました!ありがとう。




            



| *tunagu* | 23:57 │Comment- | Trackback-│編集

cocochi×tunagu 4月の会

           




            2014-cocochi6.jpg
         note:cocochiさんでの花の会はなんだか花もおいしそう。





つくばのcocochiさんでの久しぶりのコラボレッスン。

今回はガラスのうつわに春の草花を。春の花、春のはじまりの頃とまた色や表情が

変わってきました。春の中でも季節は確かに移ろいでいます。




2014-cocochi117.jpg


         

     まずは一輪。ちいさなガラスのボトルからお好きなカタチを選んで。

                             そして花も。

                                                                                                 2014-cocochi129.jpg
                             







2014-cocochi116.jpg
風に揺れる皆さんの一輪。
花の会のはじまりの根っこは一輪の会。その想いは今も変わりません。






                                                                 214-cocochi4444.jpg


 一輪もたくさんも、おなじ花、おなじうつわなのにみんなそれぞれ。

      でもおいしい匂いがただようcocochiさんの空間では花もお料理みたいになるような。。。





                             2014-cocochi26.jpg









2014-cocochi113.jpg
おいしい香りはこちらでした。焼きたてのケークサレ。





                                                                  2014-cocochi17.jpg
             おいしいもの、いろいろ。花よりだんご、ではなくて、花もだんごも。
                 







とても久しぶりだったcocochiのみほさんとの会。
ふたりとも計画がのーんびりなので気付けば季節がめぐっていて、、、そんな感じでしたが
やっぱり一緒は楽しい!ひとりでは気付けないこと、できないこと。
またいろんなところで、いろんなカタチでみんながつながっていったらいいなあ。





ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。(じーっと鳴く虫はクビキリギスでした。)







| *tunagu* | 21:18 │Comment- | Trackback-│編集

花ほころぶ

           

           
         note:ああ、花ってほころんで咲いてゆくのだなあ。





先日の花束に使ったラナンキュラスのつぼみ。ぎゅっと閉じていたので

開くかな、どうかなと思っていたのがゆっくり色づきほころび始めました。

大きく咲く一番花に比べて、その咲く順番どおりどんどん小さくなる二番花、

三番花。私のところに残ったのは三番花の指先ほどのちいさなちいさなつぼみ。

今日、花びら1枚。春の陽ざしのなかふわりとほどけてきました。

心もおなじ。きゅっと固くなっていた気持ちがあたたかな想いにふれて、

ゆっくりゆっくりひとつひとつやわらいでゆくように。

花ほころぶ、心ほころぶ。






| 日々 | 20:01 │Comment- | Trackback-│編集

| main | next »

*tunagu*~花の会~

守谷市でちいさな花の会をやっています。  一輪の花からいろんなことにつながりますように。

*tunagu*花の会について&日程        *ちいさな会の様子はこちらです*       お問い合わせはこちら またはhanatunagu@gmail.comまで。