徒然





               
         note:庭のシランの実。だいぶ色づいてきて種をとばす日ももうすぐそこ。


急に寒くなってきました。今年はほったらかしの庭は自然の秋の風景に。

初夏についたシランの実。夏から秋。目に見える姿はゆっくりゆっくり色を変えて。

そして目には見えないその中でも来年の春へ、命をつないでいく準備。

夏から秋。私のまわりでもたくさんの命がつながって、たくさんの出会いが実を結んで。

そのたびに、ものすごいチカラでぐっと大地に引き戻されるようなそんな感覚。

そしてそのあとに訪れる「ああ、ここなんだな」と感じる不思議な安心感。

教えてくれるのはちいさな手やひとつぶの種でした。




               
                            2012-aki3.jpg
                  庭の椿の実。花器の中でぱんっとはじけて種が顔を出しました。
      ぱんって音を聞けた、とか、きれいな空色に向かって走れたとか、散歩中どんぐり発見!とか。
                     朝、カーテンをあけたらはらりと葉っぱが舞い落ちる瞬間だったとか。
  ありがとうやごめんね、の言葉が重なって思わずクスッと笑ったり、そうだったの!と心が開通したり。



      日々のなかでシアワセを感じる瞬間ってものすごく些細で、でもものすごく尊いことでした。
        
                   




| 未分類 | 23:06 │Comment- | Trackback-│編集

ともしび




          
               note:*人生のともしび こけしマッチ*いっぽんいっぽんお顔付き。



先週はいろんなひとに会えた1週間でした。約束をしていたり、偶然の再会だったり

突然のデートだったり。そのたびに、ほわん。。。と心にちいさなあかりが灯るような

そんな感覚。種火みたいにちっちゃいんだけど温かくて、心地よくて。

暗い山道で道に迷ったとき、遠くの、向こうのほうに明るい光を見つけてそこを目指す

のではなく、少し先のちいさな灯りに気付いて、そこまで行ったらまた少し先にほのかな

灯りがあって。そんなことをくりかえして進んでいくような。

私の歩みはきっとそんなふう。振り返ったら点々とあかりが続いていて、迷っていたことが

道になっていました。道しるべは、そっと見守っていてくれる人のあたたかな気持ち。



      
         支えてくれている人たちに感謝しながら。今夜の満月を見ています。今はもう頭のてっぺん。





| 未分類 | 22:22 │Comment- | Trackback-│編集

*tunagu*花の会



                
       note:紅葉がはじまった虫くいの葉っぱ。ひかりに透ける葉脈に強さを感じます。


10月最後の花の会。花分けをしている間にも、花を活けている途中にも花とぶつかって

はらりと葉が落ちて。そんなちいさな一葉からも、もうまもなく冬を迎えることを感じます。

春の芽吹きとは違った力強さを感じるのはそんな姿から。愛おしくて胸がきゅっとなります。


 
                           
                       2012-1027-tunagu6.jpg


       ずっと見ていたくなるようなそんな秋の草花たち。

                        どんな表情も見逃したくなくて、どの季節よりもゆっくり花と向き合う花の会。

             
                  


  2012-1027-tunagu4.jpg

   「なんだか花って楽しいなあ。」そんなふうにつぶやきながら花を活けてくれていたはじめてさん。

                    ちいさな、もしかしたら気付いてもらえないようなかわいいを見つけてもらったり。

みんなの笑顔の中の花はとてもシアワセで、私もとてもシアワセで。私は花が好き。その気持ちだけでいいんだな。




                               
                  2012-1027-tunagu5.jpg 2012-1027-tunagu7.jpg
           おいしい時間もゆっくり。ゆっくりゆっくりみんながつながっていくのを感じるのもこの時間。
             おもたせさんのお菓子「銀寄」はそんな時間にぴったりで、ころんと転がった姿がかわいくて。
                  ここに来てくださるみなさんの雰囲気ってなんだかこのお菓子みたい、と思いました。
                                  かわいくって、やさしくて、ステキだけれどおもしろい、笑。





  那須の花はそろそろ終わり、と思ったら名残惜しくて。11月の花の会を11月6日(火)10時半~に追加しました。
            
  






| *tunagu* | 23:55 │Comment- | Trackback-│編集

*tunagu*花の会




                
          note:黄色、赤、ピンク、緑。春とも夏とも違う、秋の空気をまとった色。



10月も終わりに近づいた頃の、10月はじめての花の会。届いた那須の花たちは

今年の夏の暑さの影響で開花が遅くなっていた菊や見慣れた草花のまた違った姿。

一輪、一輪、花を分けていくうちに、春から届いていた草が紅葉していたり、

実をつけていたり。水分がとんでカサカサしていたり。そっと秋にふれているようで、

ああ、今日は秋を感じる会だなあ、そんなふうに思っていました。


                                 
                                tunagu2012-10-3.jpg
          秋は草花のいのちのつながりを強く感じます。実をつけて、種になり、やがて朽ちていく。
               次の春にいのちを繋いで。だから秋の風に吹かれている姿は切なくて愛おしいのかな。




    

     tunagu2012-10-2.jpg
   そんな秋の花だったから?みなさんの活けた花はどこか力強く、そして潔く。とてもステキでした。




                 tunagu2012-10-6.jpg tunagu2012-10-7.jpg
                        今日のお昼ごはんは新米でおいなりさんと具だくさんの豚汁。
          おやつはおもたせさんの練切製*銀寄*栗のカタチのそのお味はまさに栗をいただいているよう。
あまりのおいしさとかわいさに、もったいなくてみなさん(私も、笑)ちっちゃく切ってはおちょぼ口でいただきました。




     tunagu2012-10-5.jpg
                       ぱっくり ・・・。


                花から、おいしいものから、みんなから。。。五感で秋を感じた時間でした。


 
   *11月の花の会の日程と内容が少し変更になりました。こちらからご確認ください。
          (11/12のコットンリースの会が11/28赤い実のリースの会に変更になりました。)






                    

| *tunagu* | 23:58 │Comment- | Trackback-│編集

*tunagu*水無月のリースの会





         
              note:花との出会いも一期一会。この水無月に出会うたびに感じます。



昨日届いた水無月は、先週のものとはまた違う表情。色濃く赤みが深まっていて少し

ドキドキしました。10日の時間の流れ。その時間は水無月にとってはほんの少しなのか、

ものすごく長い時間なのか、水無月の移ろいにそんなことを考えていました。

ひと枝のなかにもいろんな色。房ごとに分けてそれぞれに好きなグラデーションでリースに

仕立ててもらいます。赤を多くしようか、グリーンにしようか、そんなパズルみたいな作業も

自分の「かわいい」を見つけてくれたらいいなあと思うから。






                              1020minaduki2.jpg

もりもりにしたり、ちょっとおもしろくしたり。みんなで手伝ったり。ひとつひとつ違うリース。どれも愛おしくてかわいい。


   
    2010minaduki5.jpg



          


                1020minaduki3.jpg 2010minaduki4.jpg
     おなかをぐうぐならして(笑)集中したあとのごはんの時間はいつもまったりな空気が流れますー。
                             今日のおやつはひさしぶりにパウンドケーキを焼きました。



     
   

今年の水無月もそろそろ終わり。来年はまたどんな水無月に出会えるかな。はじまりは終わり。おわりは始まり。
            それはくるりとつながったリースのよう。またこの季節をワクワクしながら待つ1年が始まります。







| *tunagu* | 23:17 │Comment- | Trackback-│編集

*tunagu*11月のお知らせ

                


               2012-kiku.jpg
          note:秋の陽ざしのなか、つぼみからゆっくり開いていく菊の花。


ようやく寒いなあ、と感じるようになり、我が家もゆっくり冬支度がはじまりました。

11月の*tuangu*は秋のおでかけのようにいろんなところへ出張させていただいたり

秋の夜長のようにのんびり手を動かしたり、もう少し先のクリスマスを思いながら

準備をはじめたり。いろんな場所でいろんなこと。でもどこに行っても自然の、季節の

移ろいを感じながらみなさんと楽しい時間が過ごせたらなあと思います。



11月6日 (火)  10時半~ 花の会 (満席になりました。)   

  
11月9日  (金)  うつわと花の会  越谷のkoushaさんにて。
                               (満席になりました。)


11月10日 (土)  うつわと花の会  守谷にて。 (満席になりました。)  


11月17日 (土) 10時半~ コットンと木の実のリースの会 (満席になりました。)


11月21日 (水)  暖炉さんでのクリスマスリースの会
                           (満席になりました。)


11月24日 (土)  クリスマスマルシェでのワークショップ IN 水戸
   (こちらは詳しいことが決まりましたらあらためてお知らせします。)


11月28日(水)   10時半~ 赤い実のリースの会 (満席になりました。)



          みなさんにお会いできること、楽しみにお待ちしています。



koushaさんでのうつわと花の会、暖炉さんでのリースの会はお申し込みがkoushaさん、暖炉さんとなります。
それぞれの場所により時間や会費が異なります。コットンリース・赤い実のリースの会費は4000円になります。







| *tunagu* | 22:53 │Comment- | Trackback-│編集

りんご





                 
             note:毎年いちばんに届くのは色とりどりのいろんな色のりんご。



足もとの草花やまわりの木々とおなじくらい、私に季節のお知らせをしてくれるのは

お母さんが送ってくれる季節ごとのダンボール。今年もおおきな箱にきれいに並んだ

りんごが届きました。3人家族なのに、いっつもたくさん。

食べきれないよーと何度言っても「りんごは長持ちするから大丈夫。」って。

こっちは長野みたいに寒くないからあんまり長持ちしないんだよーっておんなじ会話を

するのも毎年のこと。でもね、おおきな箱はおおきな愛情がつまっていることに、私も

母になってから気付きました。

今日はもうひとつ、よしよしって心をなでてくれたあの娘から違ったりんごの贈りもの。

りんごの国の人、あったかーい気持ちをありがとう。





| 未分類 | 23:17 │Comment- | Trackback-│編集

| main | next »

*tunagu*~花の会~

守谷市でちいさな花の会をやっています。  一輪の花からいろんなことにつながりますように。

*tunagu*花の会について&日程        *ちいさな会の様子はこちらです*       お問い合わせはこちら またはhanatunagu@gmail.comまで。