6月の終わり

                   

                  
             note:お昼ごはんはcafe bagelさんで。open。私も気持ちをオープン。




だんなさんと2人の休日。それぞれの予定があって、一緒に過ごす休日は年に数えるほど。

ちょうど、「私の頭の中はいまこんな感じですよー。」と話したいこともあっておでかけ。

だんなさんには相談ということをほとんどしません。たぶん、いろんなことが事後報告。

それでも家族を巻き込んだり、ちょっと暮らしのペースが変わるかも、というときには

こんな感じ、、、と先に報告します。だいたい、「へえー。」とか「ふーん。」とか時々「!!!」

と驚かれるけれど、賛成か反対かと意見を求めるというよりも、知っててねー、という風です。

そこには、まあこの人は大丈夫だろう、というお互いの信頼関係があってのことなのですが、

いつも断然、私のほうがワガママを通しているので、今日のお昼ごはんは私がご馳走します(笑)

今の気持ちをいろんな人に話して、いろんなことが動いた月。そんな6月も今日で終わりです。




                                     saxtute3.jpg
          いつも車に乗ってから決める行き先。幸手にしたのはcimaiさんのパンが食べたくなったから。
        時々、無性に食べたくなって車を走らせます。これこれ!このどっしりのチョコとクランベリーのパン。






そして今日はcimaiのとなりに来ていたjoyce cafeさんでとってもステキでワクワクするようなことに出会いました。
  今日は種まき。きっと忘れた頃にやってくるから、楽しみに忘れようっと。







| 日々 | 23:56 │Comment- | Trackback-│編集

ジンジャーシロップ




                  
                  
           note:夏の定番、生姜のシロップ。梅雨のこの季節はさっぱりピンク色。


我が家の、夏の飲み物の主役はジンジャーシロップ。炭酸で割ったり、冷房の効いている部屋で

カラダが冷えたなという夜はお湯で割ったり。料理にも使います。

シロップ作りのいちばんはじめは、新ショウガにレモンを加えてさっぱりと。

何度もくりかえし作るので、だんだんてんさい糖を使ったり、黒糖、ハチミツなどバリエーションが

豊富になっていきます。今年の夏も、これで元気に過ごしたいな。




                             2012-jinjer2.jpg
            シロップを出した後の生姜はおひさまに数日干して、お砂糖をまぶして生姜チップスに。
                                  紅茶にポトンと落としたり、そのままポリポリかじったり。








| 日々 | 07:48 │Comment- | Trackback-│編集

紡ぐ



                   
                  
             note:大きいの、小さいの、ムラサキの、みんな違うふぞろいの・・・。



ここに住んで10年あまり。ご近所の畑の方や、家庭菜園をされている方から季節ごとの野菜を

いただきます。毎年、毎年おなじように。玄関先に置いてくれていたり、くうまの散歩の時に

持たせてくれたり。

でも、昨年は違っていました。「放射能がわからないから今年はあげられないよ。」何人もの

方におなじように言われました。私の暮らしのなかで実感した切ない現実。

今年。「放射能検査して大丈夫だったから持っていきなー。」と袋にドサッといれて泥つきのまま

渡してくれたり、玄関にオレンジの網に入ったタマネギを置いてくれたり。

あの日以前とは違っているけれど、それでもみんな進んでいる。今ある現実の中で。

きっと生きるって、暮らすって、どんな時でもこうして日々を紡いでいくことなんだな。








| 日々 | 08:47 │Comment- | Trackback-│編集

好きがうまれるところ




            
         note:ぽつん、とちいさな看板。容子さんのこういうお人柄にも魅かれます。



陶芸家の深田容子さんの工房兼ご自宅へ。容子さんと出会ってからまだ1年足らず。

でも容子さんのうつわとはずっと昔に出会っていて、毎日の暮らしの中にあったせいか

はじめから「はじめまして。」の感じがしなくて、「あっ、知っている。。。」という

安心感にも似た感覚。無意識のうちに、使いながらうつわの向こう側を感じていたのかな。

ほわん、と意気投合して、それから仲良くさせていただいています。





                         fukadasan-koubou2.jpg
           ずらりと並んだうつわたち。個展とも違っていて、より生活に近い感じで使いたくなります。




    
      fukadasan-koubou3.jpg
 工房でお茶を飲みながら、あんなこともしたいな、こんなこともできるかなと話しが弾んで。
 お話ししていると、やっていることは違うのだけれど仲間のような気分になるのです。




                                    fukadasan-koubou4.jpg
                   出来上がったばかりのうつわにヤスリをかけてくれている容子さん。
                 あたりまえだけれど(笑)手つきがすごい!このうつわ、我が家に来ています。








  *リクエストの多かった花の会のおいしい時間にも使っている深田容子さんのうつわ。
   *tunagu*でも扱わせていただけることになりました。ちいさな花の会の小さなうつわ屋さんですが
   花の会のときに手にとっていただけたらなあと思います。ただいま並べてワクワクしていますー。







| つながり | 23:55 │Comment- | Trackback-│編集

*tunagu*ハーブのリースの会


                    
                   
                   
          note:あまったハーブを束ねただけのブーケ。リースづくりのあとのお楽しみ。



6月のハーブリースの会は雨の中しっとり...を想像していたのですが2日間ともいいお天気。

リースの会、晴れオンナさんが集まりました。しっとり、というよりは、ほんわかな雰囲気の

リースづくり。幸せなオーラとハーブの香りが重なって、とても穏やかな良い時間でした。



                                  2012-harb-0624-2.jpg
                              くるんと丸くなったハーブも外の景色になじみます。




     2012-harb-0624-5.jpg
    こちらは夕方、お仕事を終えて作りに来られた方のリース。灯りのしたではまた違った表情。





                        
                  2012-harb-0624-3.jpg 2012-harb-0624-4.jpg
ハーブリースの会は部屋中が森の香りになったり、カレーの匂いになったり(笑)いろんな香りを楽しむ会でした。
dans la natureのなっちゃんのいろんなおやつはどれから食べようか迷ってしまいますー。みんなはどれから?
なんて、ついついこっそり観察してしまいました。(笑)




      
    





| *tunagu* | 23:51 │Comment- | Trackback-│編集

ルバーブ



                    
                note:大きいお鍋で何回も何回も。今日はジャム屋さんです。



今年もルバーブの季節が来ました。毎年、軽井沢の農家さんから届けていただくルバーブ。

今年のは、いつもより香りが強くざくざくと切っているだけでなんともいえないすっぱい匂い。

またこの季節がきたなあと香りで感じます。

家中のおおきなお鍋をフル回転させて、ひとつはビンの煮沸消毒。ふたつはジャムづくり。

これを何回かくりかえして、お昼になったら鍋からジャムをいただいてパンにはさんでパクリ。

忙しくものんびりなシアワセな休日です。


                            

                            2012-ruba-bu-jam2.jpg
                                  泥つき、ふぞろい、色もいろいろで届きます。
 ルバーブはハーブの一種。食用大黄の和名で明治に日本にきたけれど、当時はあまり好まれなかったそう。
                                                   おいしいのになあー。                       







| 日々 | 14:10 │Comment- | Trackback-│編集

紫陽花





                  
           note:キレイ、かわいいの裏側。ちゃんと知っていたいと思います。



紫陽花の生産者さんを訪ねてきました。ひとつひとつの作業を目にして、お話しを聞いて

すべてのことに頭がさがる思いで、背筋がぴんっとしました。

それは大きな声で誰かに主張することではなく、ただそうしたほうがいいから、という想い。

そんなふうにしてもらった花はきっとしあわせ。

私もそうありたい。。。心の奥のほんの少し揺らいでいた気持ちがスッと消えていきました。







| つながり | 23:55 │Comment- | Trackback-│編集

| main | next »

*tunagu*~花の会~

守谷市でちいさな花の会をやっています。  一輪の花からいろんなことにつながりますように。

*tunagu*花の会について&日程        *ちいさな会の様子はこちらです*       お問い合わせはこちら またはhanatunagu@gmail.comまで。