白いすり鉢

                   


                  
        note:まっ白なすり鉢に庭の白のクリスマスローズ。気持ちがしゃんっとします。
                            




叶谷 真一郎さん(おしんさん)の磁器のすり鉢。個展で花をしつらえさせていただいた時から

いいなあと思っていたもの。1点モノだったのでそのときは連れて帰りたい気持ちをぐっとガマン。

年が明けて「もしお嫁に行っていなかったら・・・」と尋ねたところ、「これだけ残ったのですよ。」

と私のもとへ来てくれました。

どっしりとしたすり鉢とはまた違う、すっとした磁器のすり鉢。ガラスのようにはいっている貫入も

またステキで、しまうことなくいつも手の届くところにあります。おかずや花、時々ラッピングの紐、

などなどいつもどおり決まりごとはないけれど、どんな使い方をしていても、目が合うと気持ちが

すぅーっと透き通るようなそんな感覚に。そのたびに、私のところへきてくれてありがとう。と思い、

あたりまえのことだけれど大切に使おう。。。そう思います。







| すきなもの | 19:47 │Comment- | Trackback-│編集

漆継ぎの会


                 
           note:お道具箱をひろげるとやる気がムクムクとわいてきます。



漆継ぎ教室でお友達になったmariさんから「漆継ぎの続きをご一緒しませんかー。」

とうれしいお誘いをいただいて、rieさんと3人漆継ぎの会。

なかなかひとりで始めるのには、時間と心の余裕が必要なのでこんなふうにみんなで

「こうだったけ?」「これってなんだっけ?」なんて記憶の糸をたどりながら一緒にできるのは

本当に楽しいのです。

                             

                                 urusitugu1.jpg
    今日は仕上げにスズをまいてみました。器にあわせて金にしようかな、漆のままもかわいいな、
                         なんて考えるのも自分で直す醍醐味です。完成まであと少し。




       
       urusitugi-2.jpg
    でもホントは漆継ぎの会の前にだいぶ長いお茶会(笑)がありましたー。



                               

                                    urusitugi-4.jpg

本がたくさんのmariさんのお家。好きな本がいっぱいで何冊も借りてしまいました。しばらく夜更かしになりそう!
mariさん、rieさん、今日はありがとうございました。また漆継ぎの会、ぜひご一緒させてくださいー。





| 手しごと | 23:38 │Comment- | Trackback-│編集

笑顔

                  
                
           
                
          note:ママの送ってくれる写真でどんなのが似合うか分かったよー。
                      あたたかくなったらママとおそろいでおでかけしてね。                 



yuriちゃんにはじめて出会ったのは、まだyuriちゃんが20代の頃。いつも一生懸命で

がんばりやさんで、泣いたり、笑ったり、怒ったり。時々心配になるくらいまっすぐで。

そんな彼女が恋をして、お嫁さんになって、ずっとなりたかったママになりました。

なかなか会えずにいたけれど、おなかの中にいる頃から(笑)写真を送ってくれていたので、

一緒に成長を見守らせてもらっている感じでしたが、ようやく会いに行くことができました。





                 omedetou-1.jpg
               この笑顔にずっとずっとずーっと会いたかったよー。



                                    

                                    omedetou-3.jpg
                sasaちゃんがおなかにいる頃に待ちきれなくて(笑)贈った靴下。
                         いま、こうしてはいてくれているのがうれしくてちょっぴりくすぐったい気分。





        omedetou-5.jpg
    ママになったyuriちゃんはやっぱり一生懸命でまっすぐで。yuriちゃん、本当によかったね。




     sasaちゃんの笑顔をみていたら時間が過ぎるのはあっという間で。まだ一緒に居たくて
      なんだか帰りたくなくなっちゃいました。若いおばあちゃんたち(笑)、また会いに来るからねー。
      お休みなのに送り迎えしてくれたnoriさん、ありがとうございました。お会いできて楽しかったです。
 





   

| 日々 | 22:11 │Comment- | Trackback-│編集

*tunagu*花の会 nanohanaさんにて

                   

                   
                   
                 note:菜の花と一緒にnanohanaさんでの花の会へ。



今日の花の会は、つくばのcafe nanohana さんで。nanohanaさんで花の会ができること

本当に楽しみで、どんなお花と一緒に伺おうかなあ、どんなうつわを持って行こうかなあ、

とシアワセな迷いがいっぱいの日々を過ごして今日を迎えました。


nanohanasan-tunagu13.jpg nanohanasan-tunagu12.jpg nanohanasan-tunagu5.jpg

 
   好きな場所・・・ 好きなうつわ・・・ いくつかの花は好きな色を選んでもらって・・・


       花っていいなあ、かわいいな。そんなふうに花と仲良くなってもらうそんな時間。






       nanohanasan-tunagu3.jpg nanohanasan-tunagu9.jpg


                  nanohanasan-tunagu1.jpg

        
  nanahanasan-tunagu8.jpg nanohanasan-tunagu2.jpg

   
          みなさんがどんなふうに花と仲良くなってくれたかは花を見たら分かりますー。

   
     nanohanaさんが春の風に包まれているようでした。





 IMG_0778_convert_20120223151850.jpg nanohanasan-tunagu4.jpg

     お花と遊んだあとはnanohanaのtomokoさんからのほっこりなお茶の時間。

         
                  大好きな花。おいしいもの。そのまんなかにみなさんの笑顔。                

     
     楽しくて、楽しくて。。。しあわせを絵に描いたらきっと今日みたいなこんな日。





    *午前と午後の部になるくらい申し込んでくださったとtomokoさんにお聞きして、胸がいっぱいでしたが
     お休みをとってきてくれた方、遠くから来てくださった方などみなさんが楽しみにして来てくださっていて、
     みなさんとお会いできたこと、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
     参加してくださったみなさん、準備をしてくださったtomokoさん、素敵な時間をご一緒させていただき
     ありがとうございました。
     






| *tunagu* | 23:50 │Comment- | Trackback-│編集

*tunagu*リースの会のお知らせ

           

           
           mimoza-1.jpg
                             note:ほわんと春を告げるミモザ。




春のお知らせを運んできてくれるミモザ。あたたかな風が吹くと、固いつぼみがあっという間に

開いてほわほわの花を咲かせます。でもそれもほんの数日。この季節だけの黄色い花。

そんなミモザをリースに仕立てます。



   3月1日 (木) 10時半~   ミモザのリースの会  (満席になりました。)




  *ミモザのリースの会のお日にちを決めるのは、そんなミモザの様子を見ながら。
   だから急なお知らせになってしまいごめんなさい。今もまだ、今年のミモザはどんな様子かなーと
   お知らせをしながらもドキドキしているくらいなのです。
   その年の季節まかせのミモザのリースの会ですが、お時間のある方はお問い合わせください。






| *tunagu* | 23:17 │Comment- | Trackback-│編集

森の精

                

                 tunagarinohi5.jpg
              note:きっと森の精がここに連れてきてくれたんだ、
                           そう思わずにはいられませんでした。




偶然がかさなって、かさなって、たどりついたのは山里のちいさなおうち。

ただそれだけのはずだったのに、「どうぞ。」と招かれた先に広がっていた風景は

心のなかに芽生えていたちいさな迷いを消してくれました。



             待っていてくれたのは、ひと。もの。そして私の心のなかの、たね。


                             

 


tunagarinohi2.jpg
   カサカサと音をならす足もとから顔を出す福寿草。宝ものを見つけた気分。
 



 
                         
                        tunagarinohi3.jpg
              ちいさなおうちにつまっていたもの。それは、私の心の中に確かにあったもの。
      



    すとん、となにかが落ちた、そんな1日。






| 未分類 | 23:51 │Comment- | Trackback-│編集

おじろさんのかごづくり

               

               
              
         note:四角いかご。自分で組みあげたんだなーと思うと不思議。



先日、おじろ角物店さんのかご作りのワークショップに行ってきました。

普段の暮らしのなかで使っている大好きなもの。これってどうやって作られているんだろうー

と知りたくなるのは子どもの頃から。自分で分解してもとに戻せなくなったことも(笑)。

さすがに大人になってからの分解は、自分の不器用さを学習したのでずいぶん減りましたが。

竹を編んだり、組んだりするのは本当に楽しいけれど、やっぱりそこに至るまでの竹を切ったり

曲げたり、の作業がすごく大変なんだなあとパーツひとつひとつから伝わってきました。

「100年は使えるよー。」と教えていただいて自分で作ったかご。

私が100年使うことはできないけれど、いつか息子に受け継いでもらおう!そう思っていたら

「これ部屋で使っていい?」とすでに持っていかれそうに。だめー!今はまだ譲れないよー。






| 手しごと | 18:50 │Comment- | Trackback-│編集

| main | next »

*tunagu*~花の会~

守谷市でちいさな花の会をやっています。  一輪の花からいろんなことにつながりますように。

*tunagu*花の会について&日程        *ちいさな会の様子はこちらです*       お問い合わせはこちら またはhanatunagu@gmail.comまで。