銀座・手仕事直売所

                       
                    
               note:使い込んだものと新しいもの。買い足したり、直したり。

           
      銀座松屋で行われている 銀座・手仕事直売所 へ、毎日使っている京都の

      金網つじ の焼き網のセラミック網の交換に出かけてきました。

      普段はネットでもお願いできるのですが、今回は直売所スタイルということで

      いろんな道具や焼き網の出来上がる途中のものを見たり、お店の方に使い方などを

      聞いたりして、いつもの道具のあらたな一面を知ることができてとても新鮮。

      年齢層がいろいろな方がいらっしゃっていて、私の隣にいたおばあちゃまは

      おなじように交換用の網を求めていて、「もういくつめかなあ。」と話してくださいました。

      いろんな道具や品々。気に入ったものや暮らしの中になじんだものは何年経っても

      その人の側にあるんだなあ。きっと私がおばあちゃんになっても。

           
        ginza-teshigoto2.jpg
      日本のいろいろな手仕事と作り手さんの話しを伺いながら触れることのできる直売所のような雰囲気。
         楽しかったな。期間中、もう一度行きたいなー。

           

| おでかけ | 22:19 │Comment- | Trackback-│編集

曲げわっぱ

                        
                     obento211.jpg
                  note:毎日のお弁当づくり。ここから一日が始まります。

      お弁当づくりはたぶん365日ぶんの300日くらい。ほとんど毎日作ります。

      どんなに忙しくてもここをサボるとなんとなく1日の気持ちがすっきりしない

      私の大事なところ。でもしっかり手は抜きます(笑)。

      お弁当箱は曲げわっぱ。 柴田慶信商店 と 大館工芸社 のものをおかずによって

      使い分けています。柴田さんの曲げわっぱはウレタン塗装をしていない杉そのもの。

      洗剤は使えないのでたわしでごしごし洗って乾かします。そのひと手間も好きなところ。



                      

      「曲げわっぱ、社会の先生が全部のクラスでオレの弁当箱を見にいけーって

       宣伝したから先週はみんながオレのお弁当見にきたよー。」と息子。

       工芸品の勉強で役立つかと思いきや、みんな食べかけのお弁当の中身ばかり

       見ていたとか(笑)。毎日のお弁当にはいろんなエピソードがくっついてきてなんだか

       おもしろいのです。



                    obento213.jpg 
           おにぎりとお弁当はぎゅーぎゅーにしないでふんわりと優しくね。母が教えてくれたこと。



| 日々 | 00:02 │Comment- | Trackback-│編集

*tunagu*花の会

                      
                   
                note:外は夏のようでしたが*tunagu*の景色は秋の色。

          
       「暑いねー。」と始まった今日の花の会。でもね、うつわを選んで

                         野に咲く花に触れたら心にはふわり、秋の風。


         

                               tunagu0915-8.jpg
                       花を優しく抱えるような手。とっても印象的でした。

          
               
             
        tunagu0915-7.jpg
       彼女らしいなあと思った花。こんな瞬間がたまらなくうれしいのです。


                  
                               
                        
                              tunagu0915-3.jpg
        みんなのしつらえ。それぞれが違っていても集まったらやっぱりひとつになります。


               

               
            tunagu0915-10.jpg tunagu0915-9.jpg
              おいしい時間は梅とじゃことしそのごはんとマロンクリーム。
                    この時間が大好きだなーとあらためて思ったみんなの花の会。



| *tunagu* | 21:19 │Comment- | Trackback-│編集

*tunagu*10月のお知らせ

                     
                      
                    note:まだ暑いけれどいろんなものが少しずつ秋色。


           日差しも気温もここ数日は夏のようなお天気ですが、お散歩に出れば

           足もとの草花たちは秋がそこまで来ていることを教えてくれています。

           10月は那須から届く秋の風を感じていただけたらなあと思います。


              
            10月11日 (火) 10時半~  (満席になりました。)

           
            10月12日 (水) 10時半~ (満席になりました。)


            
            また10月は秋色に色づいた水無月のリースの会も予定していますが
                   
            こちらは水無月が色づいた頃にあらためてお知らせいたします。 
                                     
                               *昨年の水無月リースの会の様子 →

             
            素敵な秋の時間をご一緒できますよう、楽しみにお待ちしています。

           
           
           

| *tunagu* | 20:47 │Comment- | Trackback-│編集

十五夜

                    
                     
               note:お月見だんごとススキと晴れた夜空。ウサギは見えるかな。

   
          今夜は十五夜。雲がでませんように、と願いながらおだんごをまるめました。

          ここ数日、ずっと月がキレイに見えていて「おやすみー。」とお布団に入ると

          カーテンの向こうからやわらかな月あかりが差し込んでいました。

          月のあかりってあたたかいんだなー、と思いながら眠りにつくのが心地よく。

          今夜は早めにごはんを食べてのんびりお月見を楽しみたいな。


            
              *はりきって作りすぎたお月見だんごはあんこときなこでいただきます。
                 おだんごが夕ごはんでもいいんだけどなー。


        

| 日々 | 17:39 │Comment- | Trackback-│編集

漆つぎ

                        
                      
                 note:欠けたもの、割れたもの、ひび。それらも好きなものの一部分。

       
          漆つぎの教室に通いはじめました。ずっとずっとやりたいと思っていたこと。

          大切なうつわたち。毎日の暮らしのなかで傷がついたり割れてしまうことは

          避けては通れないこと。それでもカタチが変わっても、かけらになっても

          好きなものであることに変わりなく暮らしの足あとのようでなお愛おしくて。

          どうしても自分で直せるようになりたい、と思っていました。

          なにかひとつ知るたびに、そのものの背景が見える。私は好きなものの背景を

          知りたいんだなあと思いながらの1回目でした。


         
          *我が家では、暮らしの証しをつける確立№1はだんなさんなので漆つぎを習いはじめて
             いちばんホッとしているのはだんなさんかもしれません。
             (いつもお手伝い、ありがとうー。直せるようになったら夫婦げんかも減るねー、たぶん笑)


         
       

| 手しごと | 23:55 │Comment- | Trackback-│編集

ふたたび

                      
                    
                note:寺村光輔さんのうつわへ。とても楽しい時間でした。

          
        「想いのカタチ」展での花のしつらいへ再び益子へ。

        1週間という時の流れの中で花がどう変わっているのかとても楽しみでした。

        朽ちてもなお美しいものはそのままに、また少し進んだ季節を感じながら

        素敵なうつわにしつらえさせていただきました。


                          

                 omoinokatati-re.jpg
            
       「想いのカタチ」展。今週の日曜日までです。秋の景色に変わり始めた

        益子へぜひおでかけください。



           器と料理 「想いのカタチ」展           
                 -陶ISM selection @益子-  詳細はコチラから 
                  

                  2011年9月3日(土)~9月11日(日)
          
       

  *1週間お花のお世話をしてくださり、今日もずっと立ち会ってくださった寺村さん、ありがとうございました。 



| *tunagu* | 23:23 │Comment- | Trackback-│編集

« back | main | next »

*tunagu*~花の会~

守谷市でちいさな花の会をやっています。  一輪の花からいろんなことにつながりますように。

*tunagu*花の会について&日程        *ちいさな会の様子はこちらです*       お問い合わせはこちら またはhanatunagu@gmail.comまで。