豊かな時間が流れるところ

       
           


          
        note:窓からは森の音や小鳥のさえずりが風と一緒に。
           



花の会に来てくださっているともこさんがステキなギャラリーをオープンされました。

野の花と一緒に、この道で大丈夫かな(笑)と不安になりつつも着いたその場所は

とっても豊かな時が流れるそんなところでした。




kiitos117.jpg
小澤 陽子さんのうつわととオルガ ベネットさんの写真の展示中。





                      kiitos111.jpg
                       玄関に花を添えさせていただきました。






kiitos1120.jpg
森の風を感じながらご家族と一緒にお茶の時間を。
草花のお話しをしたり、ぼんやりしたり。
よしこおばあちゃんの作ってくださったかりんとうまんじゅうは、カリカリでとてもおいしくて。
普段の暮らしと、ともこさんの好きなことが何の違和感もなく寄り添うそんなところ。
あまりにも居心地がよくて、長居をしてしまいました。






四季折々の風景が広がるこの場所で草花との時間をご一緒させていただくことに。
ステキだけれど、日々の暮らしが寄り添うところ。ここで暮らしていてよかったなあと感じること。
思うカタチが少しずつ見えてきたそんな時間でした。




                 

                   Kiitos
                         茨城県坂東市矢作2790
                          tel 0297-30-2511
                        
                      Yoko Ozawa Pottery × Olga Bennett
                         5月24日(土)〜6月1日(日)10時〜16時



                    *Kiitosさんはイベント期間中のみのオープンです。

 





| つながり | 23:03 │Comment- | Trackback-│編集

手織り体験の会

           


          
       note:縦の糸に横の糸が重なって織りなす表情がとても好き。



ずっと仲良くしてもらっている織り作家の(と呼ぶと怒られちゃうけれど、笑)

koto-kotoの藤子ちゃんが織り体験の会をはじめました。

きっかけは花の会でのおしゃべりのひとこまから。藤子ちゃんのやってみたいな、と

mihoちゃんのやってみたいなが重なって。




teori113.jpg
ドキドキが、コトコトに変わって1枚の布になってゆきます。
この1枚にちびっこの声や、いろんな優しさや好きや、この時間の空気も一緒に。





                       
                                                               teori25.jpg
             私はちびっこ担当。こんなかわいい足にくっついて一緒にお昼寝。







teori1129.jpg
出来あがった布でおやつ。あ、敷いて食べられるのはmihoちゃん。
私は寝ていたので、おやつのみです。(笑)







藤子ちゃんが織りを始める前から、私は花の会を始める前から。
お互いの「好き」を話しながら、「いつかこんなことしたら楽しいよねぇ。」と
ワクワクしながら話していたちいさなちいさな宝もの。
いろんなことができるようになってもずっとずっと。いちばん大切な気持ちです。









| つながり | 23:38 │Comment- | Trackback-│編集

京都へ

    
         


 
        
           note:いろんなところで椿がきれいに咲いていました。


仕事で京都へ。初夏のような東京とは一変して、冬のように風の冷たい京都は

まだ桜のつぼみもギュッと固く閉じたまま。そんななかで、いろんな種類の椿に

目を向けることができました。


                         
                                    kyoto2.jpg
一重のものや八重のもの。普段あまり目にしないものもいろんなところに。
青空に色とりどりの椿が映えて。椿の京都、季節ごとのあらたな京都の魅力に出会う旅でした。




                              
          

           kyoto4.jpg kyoto1.jpg
いつか訪れてみたいと思っていた安重打刃物店へ。お話しを聞きながら一生ものの花鋏に出会いました。
ずっしりとした重み。「次にくるときは、それももっとハサミらしくなってますな。」
そんな言葉をかけていただいてハサミが育っていくように、私も成長していこう、と
姿勢を正して、あらためて花と向き合おうと誓った日。






kyoto3.jpg
おいしいいものにも、素敵な人にもたくさん出会いました。
おなかがいっぱいのはずなのに、あんみつ&焼き餅ぜんざいのセット!みつばちさんにて。






| つながり | 12:37 │Comment- | Trackback-│編集

Atelier el






                
          note:ノベルティのみつろうキャンドル。なぜかチェリーもおみやげ。(笑)



Atelier el さんの展示会へ。ジュエリーやアクセサリーにはほとんど興味がないのですが、

おふたりの作るものだけは別。いつも楽しみにワクワクしてしまい、私も女子だったんだなあと

思う貴重な瞬間。アクセサリーももちろんステキなのですが、紙袋やノベルティも手作り。

最初から最後までうれしくなってしまうことばかりなのです。

会場の森岡書店さんも戦前のビルの3階にあるとても素敵なところ。こちらも1階の扉をあけて

階段をあがるところからワクワクします。



                  atelierel1.jpg

選んだのはちいさなダイアモンドの原石の片方だけのピアス。今は片方だけの気分。

でもまた違うときに買い足そうかな。。。







| つながり | 21:23 │Comment- | Trackback-│編集

笠間へ




                 
                
            note:入れ子になっていたうつわ。その美しさに引き込まれました。



笠間のギャラリー門さんで始まった桑原典子さんのうつわ展「静かに 傍にあるように」へ。

2週間の期間のうち、はじめの1週間は桑原さんのうつわだけの展示を、後半の1週間は

そこに平井さんの花が入ることで、うつわの景色がどのように変わっていくのかも楽しんで

いただけるような、そんなうつわ展。私も後半から花のお手伝いをさせていただくため

打ち合わせを兼ねて、だったのですが、桑原さんのうつわのあまりの素敵さに仕事を忘れて

うつわをながめるのに夢中になっていました。





                                kuwabarasan5.jpg
    桑原さんにどんなうつわが欲しいですか?と聞かれて「こんな感じがあったらいいな。」と思いつくまま
お伝えしたら、それをイメージして作ってくださったというちいさなうつわ。とてもかわいらしくて素敵で感激しました。




       

kuwabarasan2.jpg kuwabarasan3.jpg
いつも家で使っているものもまた少し形を変えて違う表情に。いつまでもいつまでも見ていたくて。
差し込む光が夕方の色になり、うつわもまた別の顔になっていること、カメラを向けていて気付きました。




          週末から花が入ったらまたどんな景色が見られるのだろう、と思ったら少し胸が震えました。
             とても素敵なうつわ展です。お時間のある方はぜひ秋の笠間へ散歩がてらおでかけください。

  

  
   静かに 傍にあるように  桑原典子 うつわ展
    会期/10月6日(土)~10月19日(金)
    時間/10時~18時(最終日15時まで)
    *12日より平井かずみさんによる花とともに展示いたします。

             







| つながり | 20:39 │Comment- | Trackback-│編集

| main | next »

*tunagu*~花の会~

守谷市でちいさな花の会をやっています。  一輪の花からいろんなことにつながりますように。

*tunagu*花の会について&日程        *ちいさな会の様子はこちらです*       お問い合わせはこちら またはhanatunagu@gmail.comまで。